デジタル降魔録
thank you for your access

(修)…マークは修正が入った事を意味します。数字はその回数です。


2016年 8月20日(土)35.5℃(午後 1時52分)

なぬ? もう八月後半とな……?

進む

先月、クマゼミしか鳴き声を聞かないということを書きましたが、大阪のほうでは本当にその傾向が強くなっているらしくて、温暖化で乾燥した都市の環境にクマゼミが適しているからだそうです。それと木の茂みが山ほど無い都市部の緑地ではアブラゼミは鳥に食べられてしまうらしいです。その分クマゼミが目立つということらしいですが。マジっすかね?

 やっぱアブラゼミだけに、脂がのっていて美味しいのでしょうね…………ウソですけどね。

 でも注意して聞いてみると、気温の低い朝や夕刻になると数はほんとに少なくなっていますが、アブラゼミやニィニィゼミも鳴いていました。ほっと一息と行きたいところですが、お盆前にすでにツクツクボウシの声を聞いたり、この数日はセミの声が皆無なんですけど………これってやっぱりおかしいような気がします。まだ20日ですから秋は先ですよね。気温は連日36度を超えていますし、もうひと遊びできる時期なのに………。

 本日 西宮文学全集 8月号が更新されました。
 今回から新たな作家さんが参入されています。慣れた語調が本格的な雰囲気を感じさせてくれます。これからが楽しみです。
 よろしければご訪問ください






2016年 7月31日(日)29.0℃(午後 11時52分)

タイムリミット……

進む

カズやんさんのパソコンが壊れて、西宮文学全集の挿絵が届かないというアクシデントがあり、ギリギリまで待っていたのですが、ついに時間切れ。本日イラスト抜きでアップいたしました。

 すこしさびしいですが、ご了承ください。
 西宮文学全集 7月号です。
 よろしければご訪問ください。





2016年 7月16日(土)27.0℃(午前 8時52分)

染み入る鳴き声……

進む 戻る

セミがうるさい季節になってきました。
 と言っても、クマゼミオンリーなのです。これって大阪地域特有のことなのでしょうか。他の地域ではいかがでしょう?
 いつから……という記憶を探るのは難しいのですが、気付くと、クマゼミしか聞かなくなっていました。

 昔?

 はい。昔は時期によって移り変わっていく、バラエティに富んだセミ族を追って遊びほうけたもんです。

 セミが鳴きだす六月後半。まずはニイニイゼミです。小型のセミで「ジィィィ……」ですね。
 続いて、アブラゼミが鳴きだす頃には夏休み目前になっていて、子供たちはそわそわ。

 鳴き声は「ジリジリジリ」とか「ジジジジジジ」とか。ニイニイゼミよりひと回り大きくて、茶色い羽と黒い胴体に白のワンポイントがあります。

 子供頃は松の木の多い地域に住んでいましたので、木の色と同化しており、見つけにくいセミでした。ただし数が多く。「一本の木にナンボおるねん」と言いたくなりそうなほどでした。

 そして、やっとクマゼミが出没する頃。夏休み全盛期。宿題なんかそっちのけで朝から夕刻まで、セミ捕りか魚捕りに明け暮れている頃です。

 クマゼミは大型で、透明な羽が珍しく(当時は)そしてなにより高い木の上のほうにいることが多く、採取も難しく、鳴き声を聞くと全員一目散でした。そしてミンミンゼミの声に夏空の爽快感を抱き、夕刻になって鳴きだ出すヒグラシの声で涼んだものでした。

 やがてツクツクボウシの声を聴く頃、じわじわとやって来る秋の気配に恐怖するのです。宿題が真っ白ですから。


 今や…………。

 七月にもなると、朝、夜明けと共にクマゼミが「ジワジワジワ」「ワシャワシャワシャ」と鳴きだし。日中、40℃に迫ろうが容赦なく鳴き続け、そのまんま秋へ突入。そのあいだ他のセミの声を聞くことなく、岩に染み入るどころか、脳髄を侵す勢いで鳴き続けます。情緒もへったくれもなく、気付くと断ち切ったように鳴かなくなり、辺りがしーんと静かになります。

 はれ? 昨日まで鳴いていたやんか…………。
 となって、気温は夏のままなのに、秋に入ったことが知らされるのです。

「な〜〜〜や、それ」




 やれやれ。まだ夏突入したばかりでした・・・。 ( ̄ヘ ̄;)ウーン






2016年 6月26日(日)26.0℃(午後 6時55分)

薫り立つ松……

進む 戻る

天気の良かった先週の週末のことです。久しぶりに中国自動車道を利用して有馬温泉へ行ってきました。
 と書くと、「ご旅行?」
 と訊かれそうですが、イエイエ。気分だけ浸りたくて………。

 住んでいるところからは、高速道路を使えばクルマで約十五分で有馬温泉のど真ん中へ行ける距離です。ですので、わざわざ高速を使って行くことも無く、普通は一般道路を通って、小一時間掛けて行っています。

 温泉好き?
 でもありません。ただの婆さんの散歩ドライブです。
 さすがに93歳になるとたいして歩けません。でも気持ちはまだ二十歳過ぎですので──すんげぇ過ぎてますが──どこか連れて行けと言われます。そこで近くて、かつ山の中で、観光地でもあり。結構旅行気分にさせてもらえるので、気晴らしによく連れて行きます。

 今回はさらに旅行気分に浸るために、高速道路を利用してみました。

 ビルが立ち並び、大型ジェットが離陸する大空を仰ぎつつ高速道路に入り、約十五分で深山の中。気温が一気に下がり、空気も清々しく透き通る山の中に飛び込みます。
 空は蒼く晴れ渡り、新緑が目に射してまぶしい中を有馬温泉からさらに数分で目的地。空地に車を止め、下り立つと爽やかな松の薫りが鼻孔をくすぐり、一瞬で子供時代にまでタイムスリップです。

 そうです。子供時代は目の前にそびえ立つ六甲山の表側の山麓に住んでいました。現在、そちら側は宅地開発が進み過ぎ、完全に破壊されてしまいましたが、この裏側はまだ当時のままです。松の薫りもそのまま漂っています。

 この香りに包まれ育っていますので、深呼吸した途端にタイムスリップします。一般道路と時間を使って表側から回って来るとじわじわと変化して到着しますのでそれほどの感激は無いのですが、都会から瞬間移動したような感覚は新たな気分になれました。高速代を払った甲斐があります。結構取られましたが……………。



松、松と書いているのに、写真はカエデですみません

松の薫りを嗅ぐと必ず脳裏によみがえるのは、夏になると山を登り松林の中にある池へ泳ぎに行く時の記憶です。今から半世紀近く前になります。

 プールで泳ぐのがかったるくて、子どもたちは山の中にある大きな池へ行って泳いでいました。もちろん今は近寄ることすら禁止ですけど。
 そこへたどり着くには、ひと汗、いや三汗は掻かくほどの山の奥で、いくつかの関門が待ち受けています。

 まず第一関門は行く手を阻む川。クツを脱いで両手で持って、清水のような中をじゃぶじゃぶ歩いて渡り、山の中に入ります。奥は松林ですが、続いて第二関門が待っています。

 その川で泳げばいいようですが、ここらは深みが無くて幼児専用ですので、大人ぶっているガキんちょは山を目指します。

 第二関門は登山道です。しかも登るのは花崗岩が剥き出しになった山肌部分。岩の隙間から芽吹いた背の低い松がしがみつくように茂っています。その岩のあいだを這って登って行きますので、否応なく松葉と対面するため強い香りが鼻を突きます。
 第三関門は人気(ひとけ)のまったく無い松林の中をひたすら歩く精神攻撃を喰らいます。そして鏡のように陽を反射する池が林を通してキラキラ見えたらゴールです。

 匂いが古の記憶を目覚めさせた、そんな気分で、とても心地良かったのでした。薫りの記憶というのも、なかなかいいものです。

 良い匂いならね……………。


 ところで──。

 西宮文学全集 6月号がアップされました。
 よろしければご訪問ください。






2016年 6月12日(日)30.5℃(午後 12時55分)

数字に操られている……

進む 戻る

 最近思うことがあります。

 あ、花粉症は一ヶ月早く始まって、一ヶ月早く終わりました。季節がひと月早く巡っているようです。
 と、前置き終了。

 で、最近思うのは。
 ガソリンの残量を示すメータが半分だと「まだ半分もある」と思えるのに、スマホの充電が49%になると、何だかお尻の辺りがむずむずします。

 ちなみに蟯虫はもう飼っていませんので。いたのは小学生の時です。
 衝撃の暴露………でもないか。西宮文学全集の第一話で堂々と暴露していますから。

 なぜに、お尻から蟯虫の話に……………。
 お食事中の方。申し訳ありません。

 こうやって話がどんどん変わっていってしまうのは、ワタシの特徴でして。その理由は、行き当たりばったり、思いつくがまま、その場しのぎでケセラセラとキーボードを叩くクセがあるからです。
 いかんですね。だからあそこで書かせていただいているSFチックな物語が、いつまで経っても腰のすわらない内容になるのですね。

 そういえば。最近、一票を投じていただく方の数が増加気味のようで大変ありがたく、改めて感謝の意をお伝え申し上げます。
 あなた様の投じる一票がワタシの血となり肉となり、脂肪となって行くのです。この場合のメタボは大歓迎でございます。できれば次もお願いいたします。

 ──ってぇぇぇぇ。最近思うことがどこかへ飛んで行ってしまってるがな!
 つまり、ガソリンだと半分で「まだまだ」なのに、スマホだと焦り出すという話でしたね。

 これってやっぱ数字が原因でしょう。具体的に数値化されることで、潜在的な意識にズキズキ突き刺さるのです。
 ようするに読者様からの人気投票を気にするがあまり、数字ばかりを追ってしまっているという、薄っぺらな話にたどり着く………あ〜。やっぱりレベルの低い、毒にも薬にもならない話で終わるのでした。

 あ。そろそろ西宮文学全集を書き始めなくては………と締切日を二日も過ぎているのに、こんなことを言いている……ワタシって。

 大物だなぁぁ。



 あほや……………。( ̄ω ̄;)








2016年 5月28日(土)25.5℃(午前 6時53分)

自然環境がおかしい……

戻る

花粉症……………。

 いきなりですが、本題に入っています。


 花粉性アレルギーを発症するようになって、もう20年は軽く突破しているでしょう。当初は5月25日が発症日でした。

 そうなんです。毎年、5月25日ピッタリに目が痒くなりくしゃみを連発し始めて、ああ、今年も夏が来るな………だったのです。
 そんな期間が20年近く続くと年中行事になり、掛かりつけの医院の先生も驚くほどの正確さで薬を貰いに行っていました。

 初夏を告げる花粉症の誕生です。
 くしゃみを連発し始めると、しばらくして梅雨が始まり、梅雨が終わると花粉症も治まって、真夏の開始です。

 ところが──。
 数年前から少しずつ早まって来ています。今年はぬあんと、4月末に発症しました。ワタシのアレルギーはイネ科の花粉だと調べてもらっています。それが一ヶ月も早く花を咲かせているということになりますね。

 この期間は集中力および想像力が低下し仕事に影響します。でも妄想力は落ちません。(笑うトコです)
 いろいろ妄想は止まっていませんが……………。


 確かに何かおかしな感じは以前からしていました。夏が長く、秋をすっ飛ばして冬に入ったり。

 お〜い。地球ぅーー。だいじょうぶか?


 てなわけで、すっかり告知板と化したこのサイトですが、今月も告知させていただきます。

 西宮文学全集 5月号がアップされました。
 よろしければご訪問ください。