デジタル降魔録
thank you for your access

(修)…マークは修正が入った事を意味します。数字はその回数です。


2016年 11月20日(日)22.0℃(午後 2時33分)

気付けば秋終盤……

進む

ぼ〜〜〜としているだけでも時は過ぎていくもので……………。
 もうすぐクリスマス。で。お正月。明けましておめでとう。
 なんて言っていると、十日エビスも過ぎたなー。てなことになっている内にツクシが出て、あぁ。温かくなったねぇって言っていたら、セミが鳴き出し………なんじゃこの暑さ!
 ってなことを繰り返して半世紀。

 あ!
 気だるいことを書いている場合ではありませんでした。
 このあいだ、近所の遺跡公園へ行った時のこと。面白い物を見つけました。


野球のボールではありません……キノコです

 芝生のところに何個か転がっていたので写真に収めました。

 調べてみると、ホコリタケ。割ってみて中が白い時は食用になるらしいです。
 怖いので食べてはいません。

 昔、アウトドア派だったワタシはよく山でキノコを見つけました。でも単独でキャンプを張ることが多かったので、見つけたからと言ってやたらと口にはしません。何か起きても一人ではどうしようもありませんから。

 山菜類でよく知っている物はだいたいその日の晩か、朝のみそ汁の具にしましたが、キノコだけは手を出しませんでした。

 それでもいろいろ見つけたのですけど、さすがに松茸はありません。
 そう言えば、子供の頃に父親たちが松茸探索部隊を組織して、一日中、六甲山をはいずり回って親指大の松茸を一本だけ採って帰って来たのを覚えています。でも精鋭部隊は六人でしたよ。どうやって分け合ったのでしょうか…………ね?

 得体のしれないキノコはゴマンと見ました。でも知識もありませんのですべて見て通るだけ。膝に届くような巨大な白いキノコとか、歯が浮きそうな気味が悪いのとかいろいろです。知識の無い物でも、あ〜これは知っているというのにはキクラゲとアミガサタケ、スッポンタケがあります。記憶に残っていたキクラゲを調べてみますと、ハナビラニカワタケというものでした。木の幹にずらりと並んでおり、触ってみた感じが料理でよく見るキクラの薄い色の物で、たぶん食用になるなと直感したのですが、やはり怖くて手は出しませんでした。

 今見つけたら絶対に採って帰ることでしょう。でもそれらを見つけた場所はもう消滅して住宅地になっています。 あ──残念。


 いきなりですが───キノコと言えば西宮文学全集──ウソです。
 西宮文学全集 11月号が更新されました。

 よろしければご訪問ください。








2016年 10月15日(土)24.0℃(午後 4時43分)

気付けば秋本番……

進む

ようやく秋らしい晴天になり、青空が広がりました。待ちに待った行楽の季節、とくれば、ここ。お墓参り。

 これバッカです。別にお墓が好きなのでもありませんし、それほど信心深くもないし懺悔をしに来ているのでもありません。すっかりインドアに変身したワタシはめったにどこにも行きません。で、バアさんの機嫌取りで出歩くにはここが丁度いいのです。しかも場所が有馬温泉の目の前となれば風光明媚なのはもちろん、交通の便もよし、天気も良し。人はいないし、空気は最高。となり、家族四人で出掛けてきました。



青空はeyeさん撮影です



秋です。松葉の絨毯にマツタケ………は無理です

季節はすっかり秋でしたが、まだいく分暑い気がしました。青空の下で食べるお弁当は最高です。アケビ採りやクルミ拾いに出かけていた若かりし頃が懐かしいです。今ではすっかり、バグ取りやハードディスクのゴミ拾いの日々です。


 唐突ですが。
 西宮文学全集 10月号が更新されました。
 よろしければご訪問ください。





2016年 9月18日(日)27.5℃(午前 11時35分)

雨の秋……

進む 戻る

いつからでしょうか、九月の連休のことをシルバーウィークと呼ぶようですが、しかし今年の連休は少ししょぼいですね。

 しかも朝から雨が降っていますし───行楽地へ行くのを楽しみにしていた人は気分が落ち込んでいませんでしょうか。

 我が家もこの連休に墓参りを計画していましたが、もっと天気のいい日に行こうということになり、一人小躍りしています。
 そうです。行く気が無かったのが正直なところでした。

 こういう雨がしとしとする休日は、気だるい気分を帯びた空気を楽しみながら、PCに向かうのが一番です。

 天気がよくたって向かってますが───すみません。ぺこり。

 そんなこんなで。
 西宮文学全集 9月号が更新されました。
 よろしければご訪問ください。

 そういえば、北夙川地域も秋祭りでは?
 この雨でどうなるんでしょうかね。行きたいのですが、何せ大きな足枷があってなかなか出ることができません。

 やっぱりPCに向かうしか無いのでした。


ふ〜。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレダゼ・・・







2016年 9月11日(日)28.0℃(午前 11時35分)

秋のミス(テリー)……

進む 戻る

8月28日の記事が消えていましたね。さっきまで気づきませんでした。いつから消えていたのかさえも謎です。

 内容は、無いよう、なのですが、なぜ一部の記事が消えてしまったのか。全体が消えたのならサイト自体が見れなくなるので即行で気付くハズなのですが、消えたのは最後に書いた記事のみです。
 秋のミステリーです。謎のデータ消失事件ですね。

 ところが原因はハッキリしています。
 人的ミスです。

 他のファイルだとかなりしつこくバックアップを取るワタシです。中でも仕事関係は二台の外付けハードディスクにコピーをしています。
 でもここの記事はサーバーに載せていますので、いわゆる、保証はありませんが、サーバーでバックアップされているようなモノ。
 つい気を許してバックアップを怠っていた上に、実は、良くないことなのですが、色々なところからサイトの更新をしているのが仇になっていました。

 タブレット、スマホを利用して家の外から更新したり、自宅の小説用のWin7からアップしたり仕事用のWin8.1からアップしたり。
 気付けばどれが最新か解らなくなり、ならサーバー上の物が最新であるにもかかわらず、勝手な思い込み、あるいはついうっかり、という経緯で最新の記事を古い記事で上書きしてしまったのでしょう。

 謎が解ければ、自分の「バカバカ」でおしまいですが、誤って消してしまったというショックはとても大きいワケでして。

 え〜い。無かったことにしてしまえと思ってみたり、あ〜何を書いていたんだろ気になる。という感情も湧き上がったりして……。

 確かAndroid Studioを日本語化したことを書いていたような気がするのですが──細かいところは何も思い浮かびません。ま、自分の頭の中に浮き上がって来た泡みたいなことを書いていますので、記憶から消えて当たり前ですが。

 あ〜気になる。ということで、半壊している自分の脳ミソはあてにならないので、マズは電子海馬(短期記憶用)であるメモリーチップ、スマホ、タブレットのファイル保管場所を探しました。小説の書き損じや修正前のはゴロゴロ転がっていますが、肝心のファイルは見当たりません。

 次に長期記憶用である電子大脳新皮質、二台の外付けハードディスク、Win7、Win8.1と探したところ、Win8.1に残っていました。そこで思い出す半壊したワタシの脳ミソ。

 そう。その記事はWin8.1で書いていたことを……………。
 ここっす。ここを思い出せば朝からの大捜索作業は必要無かったのです。
 は〜バカらし…………無駄な時間を費やしました。

 でも気分は昨日の夕刻みたいに晴れ渡っています。


自宅から徒歩十五秒の場所です

で、ようやく見つけた記事を読み返してみて。あまりにくだらないことを書いている自分に落ち込んだりして────。


 やっぱり…………( ̄ω ̄;)アホや...





2016年 8月28日(日)29.5℃(午後 2時35分)

スマホ擬人化計画……

進む 戻る

Android studioも2.1が出たというのに、ようやく本日自宅のパソコンに入れてあったAndroid studioの1.5を日本語化しました。

 久しぶりのデジタルな話です……だからといって驚かないでください。
 駄文作りもまだ続いております。「我輩はゴアである」の三作目のプロット作成作業が進行中です。

 で、Android studioって何でっか?
 と思われる方に──。

 スマホのアプリを作るソフトです。

 絵や写真を加工して印刷物に使用できるようにするソフトにイラストレーターやフォトショップがあるように、スマホ上で動くアプリケーションを作るときに使用するのがAndroid studioです。

 英語が堪能ならわざわざ日本語化にする必要が無いのですが、いかんせん、頭の中には日本語以外に各種CPUのアセンブラ言語や、androidのアプリのを動かすJAVA言語が入り乱れ、ついでに超未来のでたらめツール群の仕様書まであるしまつ。頭の中ぐちゃぐちゃ。
 せめてスマホアプリの構築ツールぐらい日本語でやりたいと思うでしょ。


 とかいうワケのわからない言い訳をしつつ────。

 家ではやりたくなかったandroidのアプリ作りです。何しろ面倒くさい。敷居が高くて、ちょっと仕様から外れると途端に動かなくなるし、見た目のデザインを作るのも、とても苦労するのです。自分のスマホだけならそうでもないのですが、すべての機種を網羅するととんでもなく疲れます。

 だから自宅ではただ駄文を打ち込んで楽しむのが日課でした。でも音声認識処理、RecognizerIntent のできがなかなか良くて、工夫すると人間臭い言葉でも認識できることが解かり、これを利用して何か面白いものは作れないかと、思案しているときに、同じく音声合成APIを利用したTts(Text To Speech)に気付き、これらを使ってスマホを擬人化できるのではないかと思い立ち、重たかった尻を上げました。

 Android5.0あたりから、ちょっと間抜けな声音ですが、日本語女性の音声合成もできるようになっていますので、これを使って、簡単に言うと、スマホから色々質問され、それに答えていくうちに、スマホが賢くなって、気付けば自然な会話になっているというアプリを作りたくなったのです。

 大昔。シャープのX68000XVIというPCで、人工生命体(画面内で虫みたいなものが繁殖するというヤツです)などというものを68000のアセンブラで拵えていたのを思い出し、再び、やる気が盛り上がった次第です。

 ところで。
 スマホと会話をすると聞いて、なんと寂しい奴だ、と勘違いしないでくださいね。ワタシには吟醸酒という、お友達もいますので誤解の無いようにお願いします。

 で、話を戻します。
 Android studioの日本語化は超簡単です。
 まず、IDEA_resources_jp へ行きます。
 そして、「Clone or downloard」と言う緑のボタンを押してzipファイルをもらってきます。



ここからダウンロードします

解凍して展開された中の「resources_jp.jar」とうファイルをandroid Studioの本体が入っているフォルダ、のライブラリーフォルダーに入れるだけです。

 ワタシの場合は「C:\Program Files\Android\Android Studio\lib」でした。



英語の時です



入れるだけで、ツール類がほぼ日本語化されます。


日本語になるとこんな感じです

といってもすべてが日本語化されるのではなく、肝心なところは英語のままですが、それでもずいぶん楽になります。

 さて、ここからがケツが重いのです。どーしましょうか………。
 まともに動くようになるまでの道のりが長いのですよ。いやほんと。


擬人化計画がもう座礁しそうです。 ( ̄ω ̄;)アホや...






2016年 8月20日(土)35.5℃(午後 1時52分)

なぬ? もう八月後半とな……?

進む 戻る

先月、クマゼミしか鳴き声を聞かないということを書きましたが、大阪のほうでは本当にその傾向が強くなっているらしくて、温暖化で乾燥した都市の環境にクマゼミが適しているからだそうです。それと木の茂みが山ほど無い都市部の緑地ではアブラゼミは鳥に食べられてしまうらしいです。その分クマゼミが目立つということらしいですが。マジっすかね?

 やっぱアブラゼミだけに、脂がのっていて美味しいのでしょうね…………ウソですけどね。

 でも注意して聞いてみると、気温の低い朝や夕刻になると数はほんとに少なくなっていますが、アブラゼミやニィニィゼミも鳴いていました。ほっと一息と行きたいところですが、お盆前にすでにツクツクボウシの声を聞いたり、この数日はセミの声が皆無なんですけど………これってやっぱりおかしいような気がします。まだ20日ですから秋は先ですよね。気温は連日36度を超えていますし、もうひと遊びできる時期なのに………。

 本日 西宮文学全集 8月号が更新されました。
 今回から新たな作家さんが参入されています。慣れた語調が本格的な雰囲気を感じさせてくれます。これからが楽しみです。
 よろしければご訪問ください






2016年 7月31日(日)29.0℃(午後 11時52分)

タイムリミット……

進む 戻る

カズやんさんのパソコンが壊れて、西宮文学全集の挿絵が届かないというアクシデントがあり、ギリギリまで待っていたのですが、ついに時間切れ。本日イラスト抜きでアップいたしました。

 すこしさびしいですが、ご了承ください。
 西宮文学全集 7月号です。
 よろしければご訪問ください。





2016年 7月16日(土)27.0℃(午前 8時52分)

染み入る鳴き声……

進む 戻る

セミがうるさい季節になってきました。
 と言っても、クマゼミオンリーなのです。これって大阪地域特有のことなのでしょうか。他の地域ではいかがでしょう?
 いつから……という記憶を探るのは難しいのですが、気付くと、クマゼミしか聞かなくなっていました。

 昔?

 はい。昔は時期によって移り変わっていく、バラエティに富んだセミ族を追って遊びほうけたもんです。

 セミが鳴きだす六月後半。まずはニイニイゼミです。小型のセミで「ジィィィ……」ですね。
 続いて、アブラゼミが鳴きだす頃には夏休み目前になっていて、子供たちはそわそわ。

 鳴き声は「ジリジリジリ」とか「ジジジジジジ」とか。ニイニイゼミよりひと回り大きくて、茶色い羽と黒い胴体に白のワンポイントがあります。

 子供頃は松の木の多い地域に住んでいましたので、木の色と同化しており、見つけにくいセミでした。ただし数が多く。「一本の木にナンボおるねん」と言いたくなりそうなほどでした。

 そして、やっとクマゼミが出没する頃。夏休み全盛期。宿題なんかそっちのけで朝から夕刻まで、セミ捕りか魚捕りに明け暮れている頃です。

 クマゼミは大型で、透明な羽が珍しく(当時は)そしてなにより高い木の上のほうにいることが多く、採取も難しく、鳴き声を聞くと全員一目散でした。そしてミンミンゼミの声に夏空の爽快感を抱き、夕刻になって鳴きだ出すヒグラシの声で涼んだものでした。

 やがてツクツクボウシの声を聴く頃、じわじわとやって来る秋の気配に恐怖するのです。宿題が真っ白ですから。


 今や…………。

 七月にもなると、朝、夜明けと共にクマゼミが「ジワジワジワ」「ワシャワシャワシャ」と鳴きだし。日中、40℃に迫ろうが容赦なく鳴き続け、そのまんま秋へ突入。そのあいだ他のセミの声を聞くことなく、岩に染み入るどころか、脳髄を侵す勢いで鳴き続けます。情緒もへったくれもなく、気付くと断ち切ったように鳴かなくなり、辺りがしーんと静かになります。

 はれ? 昨日まで鳴いていたやんか…………。
 となって、気温は夏のままなのに、秋に入ったことが知らされるのです。

「な〜〜〜や、それ」




 やれやれ。まだ夏突入したばかりでした・・・。 ( ̄ヘ ̄;)ウーン






2016年 6月26日(日)26.0℃(午後 6時55分)

薫り立つ松……

進む 戻る

天気の良かった先週の週末のことです。久しぶりに中国自動車道を利用して有馬温泉へ行ってきました。
 と書くと、「ご旅行?」
 と訊かれそうですが、イエイエ。気分だけ浸りたくて………。

 住んでいるところからは、高速道路を使えばクルマで約十五分で有馬温泉のど真ん中へ行ける距離です。ですので、わざわざ高速を使って行くことも無く、普通は一般道路を通って、小一時間掛けて行っています。

 温泉好き?
 でもありません。ただの婆さんの散歩ドライブです。
 さすがに93歳になるとたいして歩けません。でも気持ちはまだ二十歳過ぎですので──すんげぇ過ぎてますが──どこか連れて行けと言われます。そこで近くて、かつ山の中で、観光地でもあり。結構旅行気分にさせてもらえるので、気晴らしによく連れて行きます。

 今回はさらに旅行気分に浸るために、高速道路を利用してみました。

 ビルが立ち並び、大型ジェットが離陸する大空を仰ぎつつ高速道路に入り、約十五分で深山の中。気温が一気に下がり、空気も清々しく透き通る山の中に飛び込みます。
 空は蒼く晴れ渡り、新緑が目に射してまぶしい中を有馬温泉からさらに数分で目的地。空地に車を止め、下り立つと爽やかな松の薫りが鼻孔をくすぐり、一瞬で子供時代にまでタイムスリップです。

 そうです。子供時代は目の前にそびえ立つ六甲山の表側の山麓に住んでいました。現在、そちら側は宅地開発が進み過ぎ、完全に破壊されてしまいましたが、この裏側はまだ当時のままです。松の薫りもそのまま漂っています。

 この香りに包まれ育っていますので、深呼吸した途端にタイムスリップします。一般道路と時間を使って表側から回って来るとじわじわと変化して到着しますのでそれほどの感激は無いのですが、都会から瞬間移動したような感覚は新たな気分になれました。高速代を払った甲斐があります。結構取られましたが……………。



松、松と書いているのに、写真はカエデですみません

松の薫りを嗅ぐと必ず脳裏によみがえるのは、夏になると山を登り松林の中にある池へ泳ぎに行く時の記憶です。今から半世紀近く前になります。

 プールで泳ぐのがかったるくて、子どもたちは山の中にある大きな池へ行って泳いでいました。もちろん今は近寄ることすら禁止ですけど。
 そこへたどり着くには、ひと汗、いや三汗は掻かくほどの山の奥で、いくつかの関門が待ち受けています。

 まず第一関門は行く手を阻む川。クツを脱いで両手で持って、清水のような中をじゃぶじゃぶ歩いて渡り、山の中に入ります。奥は松林ですが、続いて第二関門が待っています。

 その川で泳げばいいようですが、ここらは深みが無くて幼児専用ですので、大人ぶっているガキんちょは山を目指します。

 第二関門は登山道です。しかも登るのは花崗岩が剥き出しになった山肌部分。岩の隙間から芽吹いた背の低い松がしがみつくように茂っています。その岩のあいだを這って登って行きますので、否応なく松葉と対面するため強い香りが鼻を突きます。
 第三関門は人気(ひとけ)のまったく無い松林の中をひたすら歩く精神攻撃を喰らいます。そして鏡のように陽を反射する池が林を通してキラキラ見えたらゴールです。

 匂いが古の記憶を目覚めさせた、そんな気分で、とても心地良かったのでした。薫りの記憶というのも、なかなかいいものです。

 良い匂いならね……………。


 ところで──。

 西宮文学全集 6月号がアップされました。
 よろしければご訪問ください。






2016年 6月12日(日)30.5℃(午後 12時55分)

数字に操られている……

進む 戻る

 最近思うことがあります。

 あ、花粉症は一ヶ月早く始まって、一ヶ月早く終わりました。季節がひと月早く巡っているようです。
 と、前置き終了。

 で、最近思うのは。
 ガソリンの残量を示すメータが半分だと「まだ半分もある」と思えるのに、スマホの充電が49%になると、何だかお尻の辺りがむずむずします。

 ちなみに蟯虫はもう飼っていませんので。いたのは小学生の時です。
 衝撃の暴露………でもないか。西宮文学全集の第一話で堂々と暴露していますから。

 なぜに、お尻から蟯虫の話に……………。
 お食事中の方。申し訳ありません。

 こうやって話がどんどん変わっていってしまうのは、ワタシの特徴でして。その理由は、行き当たりばったり、思いつくがまま、その場しのぎでケセラセラとキーボードを叩くクセがあるからです。
 いかんですね。だからあそこで書かせていただいているSFチックな物語が、いつまで経っても腰のすわらない内容になるのですね。

 そういえば。最近、一票を投じていただく方の数が増加気味のようで大変ありがたく、改めて感謝の意をお伝え申し上げます。
 あなた様の投じる一票がワタシの血となり肉となり、脂肪となって行くのです。この場合のメタボは大歓迎でございます。できれば次もお願いいたします。

 ──ってぇぇぇぇ。最近思うことがどこかへ飛んで行ってしまってるがな!
 つまり、ガソリンだと半分で「まだまだ」なのに、スマホだと焦り出すという話でしたね。

 これってやっぱ数字が原因でしょう。具体的に数値化されることで、潜在的な意識にズキズキ突き刺さるのです。
 ようするに読者様からの人気投票を気にするがあまり、数字ばかりを追ってしまっているという、薄っぺらな話にたどり着く………あ〜。やっぱりレベルの低い、毒にも薬にもならない話で終わるのでした。

 あ。そろそろ西宮文学全集を書き始めなくては………と締切日を二日も過ぎているのに、こんなことを言いている……ワタシって。

 大物だなぁぁ。



 あほや……………。( ̄ω ̄;)








2016年 5月28日(土)25.5℃(午前 6時53分)

自然環境がおかしい……

戻る

花粉症……………。

 いきなりですが、本題に入っています。


 花粉性アレルギーを発症するようになって、もう20年は軽く突破しているでしょう。当初は5月25日が発症日でした。

 そうなんです。毎年、5月25日ピッタリに目が痒くなりくしゃみを連発し始めて、ああ、今年も夏が来るな………だったのです。
 そんな期間が20年近く続くと年中行事になり、掛かりつけの医院の先生も驚くほどの正確さで薬を貰いに行っていました。

 初夏を告げる花粉症の誕生です。
 くしゃみを連発し始めると、しばらくして梅雨が始まり、梅雨が終わると花粉症も治まって、真夏の開始です。

 ところが──。
 数年前から少しずつ早まって来ています。今年はぬあんと、4月末に発症しました。ワタシのアレルギーはイネ科の花粉だと調べてもらっています。それが一ヶ月も早く花を咲かせているということになりますね。

 この期間は集中力および想像力が低下し仕事に影響します。でも妄想力は落ちません。(笑うトコです)
 いろいろ妄想は止まっていませんが……………。


 確かに何かおかしな感じは以前からしていました。夏が長く、秋をすっ飛ばして冬に入ったり。

 お〜い。地球ぅーー。だいじょうぶか?


 てなわけで、すっかり告知板と化したこのサイトですが、今月も告知させていただきます。

 西宮文学全集 5月号がアップされました。
 よろしければご訪問ください。