ペット(犬・猫)の飼い主の皆様へ

ペット(犬・猫)の飼い主の皆様へ

ペット(犬・猫)の飼い主の皆様へ

エキノコックスの危険性とその対策について


このホームページはペットの飼い主の皆様にエキノコックスの危険性とその対策について知っていただくためのものです。さらに詳細なことについては「エキノコックス」をご参照ください。

飼い主の遵守すべき事項として、北海道動物の愛護及び管理に関する条例(平成13年)の第6条の九には「人及び動物の健康を保持するため、動物と人との間で感染する疾病及び動物相互間で感染する疾病について、その正しい知識を修得し、及び必要に応じてワクチンを接種する等その予防措置に努めること。」と書かれています。ペットのエキノコックス感染に対してはワクチンがないので、ペットの飼い主の方は他の予防措置をとることが必要とされています。



もくじ



項目 エキノコックス症とは

エキノコックス症は寄生虫のエキノコックスによって引き起こされる病気で、北海道では主にキツネなどの動物間で広がっていますが、人へも感染します。現在では全道的にひろがり、かつキツネの感染率は全道平均40%と、以前より流行が活発になっていますこれらのことから住民への感染の危険性が以前より増して危惧されます。本州では、人や豚、さらに北海道から運ばれた犬において見つかっていますが、土着の野生動物からは検出されておらず、まだ本州での自然界の流行は確認されていませんが、北海道からの感染動物の侵入が危惧されています。

もくじへ戻るもくじへ戻る


項目 人のエキノコックス症

北海道では毎年10-20名ほどの新規患者が報告されています。人がこの寄生虫に感染すると、主に肝臓にエキノコックス幼虫が寄生し、癌のように増殖し、周囲の組織へ入りこんで行きます。増殖したエキノコックス幼虫は他の臓器に転移もします。病原性は寄生臓器によりますが、いずれにしてもだんだんと臓器を蝕み、重い病気となります。この幼虫の発育はゆっくりなので、初期には自覚症状はありません。成人では発症するまでに10数年ほどを要し、長期間かけて体を蝕んで行きます。子供での進行は速く、数年で発症するようです。感染した人を治療しないでほうっておくと、多くの患者が死んでしまうほど恐ろしい寄生虫ですが、早期に診断されると、ほとんど完全に治癒するので早期診断が重要な疾患です。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 なぜペットの飼い主が気をつけないといけないのか (人への感染源としてのペットとのつきあいかた)

人へのエキノコックス症の感染源には、野生のキツネだけでなく飼い犬もなります。犬がエキノコックス成虫に感染しても、重い病気にはなりません。問題となるのは、エキノコックス成虫に感染したペットから排泄されたエキノコックスの虫卵が人の口から入って、人がエキノコックス幼虫に感染し、重い病気となるからです。しかし、ペットの飼育管理を適正に行うことによって、エキノコックス感染から防ぐことが出来ます。さらに、もしペットが感染していたとしても、駆虫薬を投与することにより、成虫を駆虫し虫卵の排泄を止め、人への感染の危険性をなくすことが出来ます。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 犬がエキノコックスに感染すると

犬がエキノコックスに感染しても、通常無症状です。普通の固形便に加えて、粘液の塊を排便したり、まれに、下痢をすることもあります。エキノコックスの成虫が糞便とともに排泄される例もありますが、非常に小形の白色の虫体で、長さ(1-3mm)程度で、顕微鏡で観察しないと判別できません。

感染しているかどうかを知るためには、獣医師を介して検査を依頼する必要があります。ペットの糞便を 5-10 グラム送付するだけで検査可能です。

飼い主の知らない間にペットがエキノコックス成虫に感染し、虫卵を排泄していると飼い主やその家族にとって非常に危険です。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 ペットのエキノコックス症検査の必要性

糞便の検査(虫卵および抗原検出)によりペットが感染しているかどうかわかります。もし、感染していることがわかれば、人へのエキノコックス感染の危険性が予想され、早期診断が可能となります。人がエキノコックス検査で早期に診断されると、その治癒率は飛躍的に上がりますが、知らないまま病気が進行すると、完全な治療が困難となります。したがって、ペットのエキノコックス検査は飼い主やその家族、周辺住民の方の健康維持のために重要です。さらに、感染動物の駆虫処置の効果確認、すなわち駆虫されたかどうかがわかります。このホームページの後半を読んで自分のペットがエキノコックスの感染の可能性があると考えられた方は特に、獣医師を介して検査依頼されることをおすすめします。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 北海道の犬における流行状況

北海道庁による現在までの野犬や放し飼いの犬の調査(1万頭ほど)では1%が感染していたことが報告されており、さらに2001-2006年の北海道小動物獣医師会と当研究室の飼い犬を対象とした共同調査でも、ほぼ0.5%が虫卵を排出していることが示唆されました。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 エキノコックスの一生

エキノコックスに対する予防法や、人とペットでの病原性の差について理解するためには、この寄生虫の一生を理解することが必要です。このエキノコックスの一生は、以下のように成虫、虫卵、幼虫の三つの発育段階があります。成虫(キツネ・犬)→虫卵(環境)→幼虫(野ネズミ・人)→成虫(キツネ・犬)→虫卵(環境)...という生活サイクルです。

成虫

自然界では成虫は主にキツネ寄生しますが、犬や猫にも感染し、小腸粘膜に付着して寄生します。成虫は感染後26日以降に虫卵を排泄し始めます。成虫が増殖することは全くありません。成虫の寿命は2-4ヶ月程度です。この成虫に対してはよく効く駆虫薬があります。

虫卵

キツネや犬などから糞便とともに排泄された虫卵は環境中に広がります。虫卵は直径ほぼ35ミクロン(0.035mm)の球形で、低温で湿った状況では長期間生存しますが、乾燥や高温には弱いです。

幼虫

自然界ではエキノコックス虫卵を食べた野ネズミの体内で幼虫が寄生しますが、人にも幼虫が寄生ます。肝臓が主たる寄生部位で、癌の様に臓器内でだんだん増殖し、他の臓器に転移したりします。寄生部位は肝臓だけでなく、他の内臓、肺、脳、骨髄などにも寄生します。幼虫に対する治療は外科的な切除が最も有効とされています。


もくじへ戻るもくじへ戻る



項目 自然界の動物間におけるエキノコックスの伝播

自然界ではエキノコックスはキツネと野ネズミの間で流行しています。すなわち、キツネの小腸に成虫が寄生し、この成虫が虫卵を作り、糞便とともに虫卵が体外に排泄されます。この虫卵を野ネズミが食べて感染し、ネズミの体内では幼虫が発育します。成虫にはなりません。この感染した野ネズミをキツネが捕食すると、キツネの小腸で幼虫から成虫に成長します。このように、エキノコックスは虫卵(環境)→幼虫(野ネズミ・人)→成虫(キツネ・犬)→虫卵(環境)という生活サイクルを経ます。したがって、キツネや犬が虫卵を食べても感染せず、野ネズミ・人体内で幼虫が自然に成虫になったりしません。幼虫の発育のためのための宿主と、成虫の発育のための宿主が異なります。

北海道庁による全道のキツネの調査では2000年と2001年は約40%の感染率で、札幌周辺のキツネの調査でも約60%の感染率でした。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 犬や猫はどのようにしてエキノコックスに感染するのか

キツネと同様に、犬や猫は感染した野ネズミを食べて感染します。キツネから直接感染することはありません。また、ペット間でもうつりません。あくまで、感染した野ネズミを食べたときのみです。虫卵を食べても、感染しません。

もくじへ戻るもくじへ戻る



項目 野ネズミとキツネの分布

野ネズミの感染源には主にキツネです。北海道では都市部も含めてほとんどの地域にキツネが出没します。札幌中心部にもキツネが生息していますが、野ネズミも市街地にはほとんど生息せず、大型の緑地や都市周辺部に多く生息しています。エキノコックスに好適な野ネズミ(エゾヤチネズミ)は谷地や林の笹ヤブなどに多数生息しています。都市周辺からエキノコックスに感染したキツネも市街地に侵入してきます。市街地内の大きな緑地でもキツネの巣穴が発見できますが、キツネの巣穴周辺の住民でも、そのようなキツネの生息に全く気づかない方も多いです。野ネズミについても大発生時にはその存在に気が付くかも知れませんが、通常は気が付きません。なお、北海道の野ネズミのエキノコックス感染率は1%以下と一般に低いですが、感染しているネズミが生息していることを念頭に置くべきです。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 犬のエキノコックス感染の機会

犬が野ネズミを食べる機会はその動物の飼い方により様々です。完全な室内飼育から放し飼いまで様々な飼い方があります。完全に室内でのみ飼育されている犬は野ネズミを食べる機会はありませんが、散歩の途中などで野原や山林近くで鎖を放したりすると、野ネズミを食べる機会があります。これは鎖を放した場所の自然環境に寄ります。自然の豊かなところでは犬も自由に駆け回りたいと思われますが、キツネや野ネズミはそのような場所に生息していることが普通です。このような地域での犬の放し飼いは最も危険です。なお、犬も猫も野ネズミを拾い食い出来ないような口輪が有効とも考えられますが、エキノコックス対策としてはまだ使用されていないようです。

もくじへ戻るもくじへ戻る



項目 犬の放し飼いと室内飼い

北海道庁で検査され、エキノコックスが検出された例の多くは放し飼いの犬でした。環境省の家庭動物等の飼養および保管に関する基準(第5)では「犬の放し飼いはおこなわないこと」になっていますが、しかし、「他人に迷惑を及ぼさない場所や自己の所有地内」では適用外となっており、すなわちそのような場所では繋留しなくてもよいと解釈できます。2002年12月札幌においてエキノコックス陽性と判定された犬は室内飼育で、しかも多量の虫卵を排泄していました。この室内犬の日常の散歩は自然の豊かなところで、さらに野山で野ネズミを食べているところを飼い主の方が確認しています。室内犬といっても完全に室内でのみ飼育されているとは限りません。室内飼育犬でも野山で一時的に犬を繋留しない行為は違法行為ではありません、犬を運動させることは推奨されています。しかし、エキノコックスの感染の危険性があります。帰宅後感染している犬が室内で飼育されていると、室内が虫卵で汚染され、飼い主にとって非常に危険です。なお、自己の所有地などの大きな庭園内や他人に迷惑のかからない場所における放し飼いは合法的ですが、野ネズミが生息できるような場合ではエキノコックスの感染の危険性はあります。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 犬の感染予防

ペットのエキノコックス感染の危険度は、野ネズミの捕食機会の多さによります。したがつて、ペットの飼育場所や散歩ルートなどの周辺の自然環境が重要です。飼育場所の環境(室内、市街地内の緑地のない小さな空き地、林のわき、まれに大型庭園内など)、散歩のコース(市街地の道路、市街地内の緑地、都市周辺の野山、自然公園など)、鎖からの解放の場所(室内でのみ、市街地のみ、野山、市内の緑地など)などについて十分考慮する必要があります。野ネズミの捕食機会のあるような場所で犬を鎖から解放しないことが重要です。鎖から離れてしまった場合は、下記のような予防的な駆虫が必要と考えられます。一方、室内や市街地の緑地のない小さな空き地の飼育し、完全に鎖で繋いで散歩し、拾い食いを全くさせなければ、エキノコックスの感染の機会はまずないと考えられます。

もくじへ戻るもくじへ戻る



項目 犬の予防的な駆虫

周辺の自然環境が豊かで、エキノコックス感染の危険性がある場合などは、その危険度に応じて駆虫薬を投与することも、虫卵を排泄させないためには有効です。例えば、野外で飼い犬が野ネズミを食べたことを発見した場合や、野山で犬が自由になった場合など、エキノコックスの感染の機会が心配される場合は、予防的な駆虫がすすめられます。犬が感染野ネズミを食べてから虫卵を糞便とともに排泄されるまでには25日以上要しますが、感染後20日までの間に駆虫すると、虫卵は全く排泄されません。

大型の庭園内で放し飼いされている場合で、一度検査でエキノコックス感染が認められた場合なども定期的な駆虫が必要です。これらの予防的な駆虫については、エキノコックスの感染の機会の頻度に応じて設定する必要があるので、獣医師との相談が必要です。日常的に感染の機会のある場合は、20日間の駆虫間隔で、虫卵の排泄を完全に抑えることが出来ますが、費用がかさみます。まれに感染の機会があるのであれば、定期的な投薬ではなく、感染が予想された日から20日以内に単回投薬すれば駆虫できます。なお、感染の機会の多い犬については飼い主への感染の可能性も考慮して、定期的なエキノコックス検査をすすめます。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 もしペットがエキノコックスに感染していたら

ペットが感染していた場合、まず獣医師と相談しペットに駆虫薬を投与し、駆虫を行いますが、同時に飼育場所の虫卵対策が必要です。さらに、飼い主およびその家族のエキノコックス検査が必要ですが、これにはその後の長期の経過観察を要します。

駆虫

非常に有効な駆虫薬(プラジカンテル)があり、副作用もありません。駆虫薬投与後2-3日で腸内からすべて駆除できます。なお、駆虫効果の確認についても獣医師に相談してください。

虫卵対策

虫卵対策は駆虫薬投与後に排泄される虫卵や、診断前からすでに虫卵汚染が予想される場所や物品(犬舎やネコの敷き布など)に適用する必要があります。

まず、虫卵を含む糞便の焼却(もしくは熱湯消毒)もしくは病原体汚染物質として処理業者に依頼する事が必要です。これは獣医師に相談してください。

虫卵を殺滅出来なくても、物理的に水で洗い流したり、室内については電気掃除機(花粉除去に対応した)で吸引ですことは有効です。動物を駆虫しても体毛に付着した虫卵が少数残っている可能性があるので、シャンプーして洗い流すとより安心できます。

虫卵は乾燥や高温には弱く、熱湯消毒は最も有効です。洗浄可能な動物の飼育場所や物品などの表面の虫卵は熱湯で洗い流します。洗浄後完全に乾燥させると残存した虫卵も殺滅することが期待できます。しばらく放置するだけでも乾燥して、虫卵が死滅することが期待できます。ブリーチ(次亜塩素酸ナトリウム)を高濃度(希釈せず原液)で使用すれば殺卵効果が期待できますが、実際の現場で使用する場合には他の様々な物質がブリーチの殺卵効果を弱めるので、より安全のためアルカリに耐性のものはしばらく浸漬する事をお勧めします。

飼い主およびその家族のエキノコックス検査

現在北海道の各市町村の保健所では、住民のエキノコックス血清検査を無料で実施しています。感染したペットの飼い主や接触のあった人には是非血清診断を受診されることをすすめます。感染後すぐには抗体価が上昇していないことが予想されますので、しばらくして血清検査を再度もしくは定期的に受診することが重要です。保健所の担当の方に相談される事をお勧めします。


もくじへ戻るもくじへ戻る



項目 散歩時における犬の糞便の処置

すでにエキノコックス感染している可能性もあるので、散歩時に排泄された犬の糞便を道路脇に放置すべきではありません。飼い主が責任を持って処理すべきです。これは北海道動物愛護及び管理に関する条例(第6条の三)でも禁じられています。

もくじへ戻るもくじへ戻る

 

項目 猫のエキノコックス感染について


猫がエキノコックスに感染すると

猫がエキノコックス成虫に感染しても、通常無症状です。小腸内に成虫が寄生しますが、発育は悪く、虫卵排泄はまれです。国内における猫のエキノコックスの自然および実験感染例の虫卵排泄は確認できませんでしたが、ヨーロッパでは猫が虫卵を排泄することが確認されています。

猫についても飼い主が気をつけないといけないのか

猫についてはエキノコックスの好適な宿主ではありませんが、人への感染源としての危険性は無視できません。日本においてもエキノコックス感染猫の一部は虫卵を排泄する可能性があると考えられます。したがつて、気をつけるべきです。特に、糞便は適切に処理してください。さらに、猫のエキノコックス感染が心配な方は、獣医師を介して検査依頼されることをおすすめします。猫についてはデータが不足しており、エキノコックスの感染源としての重要性について不明です。このような検査を依頼されることによって、今後のエキノコックス対策の基礎データとなります。ヨーロッパのエキノコックスと日本のエキノコックスで猫での発育に差があるのかも知れません。

北海道の猫における流行状況

北海道庁による現在までの猫の調査(91頭検査)では5頭(5.5%)が感染していたことが報告されており、さらに2001-2002年の北海道小動物獣医師会と当研究室の飼い猫(114頭)を対象とした共同調査でも、1.75%(2頭)が感染していることが示唆されました。これらすべて合計しても検査頭数は少ないですが、感染率は犬より高いようです。ただし、日本では虫卵を排泄している個体はまだ発見されていません。

猫へのエキノコックス感染の機会

猫は通常放し飼いで、市街地内部で周辺に大きな緑地の全くないような地域では、周囲に野ネズミが生息しないので、エキノコックスに感染する機会はほとんどないと考えられますが、周辺に大きな緑地があったり、野原や山林に近い家で飼われている場合は、屋外で野ネズミを食べる機会があり、エキノコックスに感染する機会が多いと予想できます。野山や防風林などでも、しばしば猫に遭遇します。感染の機会は犬よりもかなり多いことが想像できます。

猫の感染予防

現在のような放し飼いの状態では、猫による野ネズミの捕食は阻止できず、感染の予防は困難です。エキノコックスの検査を依頼して、感染がわかれば、駆虫が必要です。猫はエキノコックスにとっては好適な宿主ではないので、虫卵はまれにしか排泄されませんが、全く虫卵を出さないわけではないので、野ネズミを食べる猫は駆虫することがすすめます。


もくじへ戻るもくじへ戻る



項目おわりに

感染症新法ではエキノコックス症の患者の全数把握のために、医師に報告義務があり、さらに2004年から人への感染源となりうる感染犬についてはも獣医師に報告義務がかせられました。予防のためには人の感染源となる動物(特にペット)の感染状況を把握し対策を講じることが緊急な課題です。2000年から2006年までのペットの検査で約0.5%犬が虫卵を排泄していることがわかっています、野ネズミを食べる可能性のあるペット野飼い主の方は、獣医師を介してエキノコックス検査を依頼されることをおすすめします。エキノコックス症対策においても監視と予防が重要です。

北海道は自然が豊かな土地で、そのような自然をペットにも満喫させたいと飼い主の方も考えられるかも知れませんが、エキノコックスの危険も十分理解して、飼い主の方には動物を管理する責任があります。ペットがエキノコックスに感染していると、飼い主やその家族だけでなく、周辺の住民の方の健康に重大な影響を及ぼす可能性があることを十分に理解してください。

我々は野ネズミの感染源である野生のキツネの駆虫を試みてきました。駆虫薬入りの餌を定期的に散布することによりかなりの成果が上がっております。人の集まる観光地や自然公園でも犬を自由に遊ばせることが出来ればよいと考えています。

もくじへ戻るもくじへ戻る