東京YMCA新しいオープンスペース"liby(リビー)"

libyとは、let it beキーワードにした YMCA
写真提供:ブルース・オズボーン【(株)オゾン】   7月第4日曜日は【親子の日】
ごあいさつ

▼2016年度オープンスペースlibyはじまりました▼

liby(リビー)とは…
これまでいわゆる不登校の子どもたちへの対応に始まり、 いじめ、暴力、広い意味での教育の問題など、様々な子どもたちとかかわりながら、一緒に考えてきました。この18年間で関わった家族は約1000組にのぼります。
学校外の居場所を活動の中心にしながら、若者の語れる場(URA-liby)や不登校の子どもを持つ親の会、様々な講演会活動を行っています。
わたしたちはlibyに集う誰かと共に毎日を過ごしながら、
『お互いに“let it be”でいられること』を考えていきます。


『オープンスペースlibyへのアクセス』

2015年4月から「西荻窪」の住宅街で活動しています
 167-0042 杉並区西荻北1-15-5
 電話03-3397-0521
  <駅からの道順はコチラをクリック>


『liby開室時間』

平日(月~金)13:0019:00
原則 第1・第3月曜日は閉室です
見学をご希望の方はお電話かメールをください
03-3397-0521
liby@tokyoymca.org
libyの日常は右のバナーの「活動blog」からもご覧いただけます!
<活動ブログはコチラ>


『ご支援・ご協力のお願い』

libyはみなさまからのご寄付や助成なくして活動はできません。
安心して過ごせる場を維持していくために
どうかご支援・ご協力をお願いいたします。
こちらからオンラインで寄付ができます
オンライン寄付サイト Give One (オンライン寄付サイトGive oneに移動します)

★Give oneを通じて継続的なご支援をいただいています。
ステートストリート信託銀行様からlibyの日常の活動費への寄付をいただいています。
子どもたちの気兼ねない参加につながっています。ありがとうございます!

農心ジャパン様から継続的に食品の寄付をいただいています。
日々の食事に、おやつに大活躍しています。ありがとうございます。
助成・寄附ありがとうございますブログはこちら


topics news

『現在募集中』

 

やってみ(未)体験!
オープンスペースlibyであなたの知らない世界に触れてみませんか。
やってみ(未)体験では、学びの種がたくさん。
異文化、写真、料理、クラフト、アート、”心理”、科学などなど
幅広く「やってみたい」と思っています。
<第1回>「異文化に触れてみよう~韓国編~」
ホットク作り体験をしながら韓国語や文化に触れてみます。
日時 201627日(1230分~1400
  場所 オープンスペースliby
  参加費 500円
まずはお問合せ下さい。liby@tokyoymca.org/03-3397-0521

ペアレンツクラブ
不登校などの子どもを持つ親の会です。相互の経験の中から、
学びあったり、励ましあったりしています。
  日時 201614日(1300分~1500
  場所 東京YMCA山手コミュニティーセンター
  参加費 500円
まずはお問合せ下さい。liby@tokyoymca.org/03-3397-0521


URA-liby(ウラリビー)
URA-liby(うらりびー)は20代~30代を中心とした集まりの語れる場です。
参加者の中から1人に話題提供をお願いして好きなテーマで語っています。
初めての方もお気軽に。ゆるく、長く、お付き合いが続いています。
 <URA-libyの様子を少し報告>
  日時 2016日(1830分~2100
  場所 東京YMCA山手センター
  今回の主な内容は「ポイントカードと電子マネー」byアマモトさんの予定です。
  参加費500円
  liby@tokyoymca.org メールでお問合せ下さい。



『献品にご協力ください!』

こんなものを必要としています!まずはご連絡ください。[2016/5/26現在]
  「物 品]
 日持ちのする食べ物大募集です。
 トマト缶、小麦粉、紅茶、飲物、パスタ、そうめん、油、オリーブオイル etc.
  KAPLA、WiiU

 まずは、メール liby@tokyoymca.org でお問合せ下さい。

  • 活動blog
  • 活動blog
  • 新しいオープンスペースlibyココカラハジマル -->
  • ura-liby
  • ペアレンツクラブliby
  • 講座・講演会