会計屋さんのメモ帳 会社法

b

ホーム会社法会社法施行令会社法施行規則会社計算規則電子公告規則

 

INDEX

第1編 総則

第2編 株式会社

第1章 設立

第2章 株式

第1節 総則

第2節 株主名簿

第3節 株式の譲渡等

第4節 株式会社による自己の株式の取得

第1款 総則

第2款 株主との合意による取得

第1目 総則

第2目 特定の株主からの取得

第160条(特定の株主からの取得)

第161条(市場価格のある株式の取得の特則)

第162条(相続人等からの取得の特則)

第163条(子会社からの株式の取得)

第164条(特定の株主からの取得に関する定款の定め)

第3目 市場取引等による株式の取得

第3款 取得請求権付株式及び取得条項付株式の取得

第4款 全部取得条項付種類株式の取得

第5款 相続人等に対する売渡しの請求

第6款 株式の消却

第5節 株式の併合等

第6節 単元株式数

第7節 株主に対する通知の省略等

第8節 募集株式の発行等

第9節 株券

第10節 雑則

第3章 新株予約権

第4章 機関

第5章 計算等

第6章 定款の変更

第7章 事業の譲渡等

第8章 解散

第9章 清算

第3編 持分会社

第4編 社債

第5編 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転

第6編 外国会社

第7編 雑則

第8編 罰則

附則 

■前条 ■次条

(特定の株主からの取得)

第百六十条 株式会社は、第百五十六条第一項各号に掲げる事項の決定に併せて、同項の株主総会の決議によって、第百五十八条第一項の規定による通知を特定の株主に対して行う旨を定めることができる。

2 株式会社は、前項の規定による決定をしようとするときは、法務省令で定める時までに、株主(種類株式発行会社にあっては、取得する株式の種類の種類株主)に対し、次項の規定による請求をすることができる旨を通知しなければならない。会社法施行規則第28条

3 前項の株主は、第一項の特定の株主に自己をも加えたものを同項の株主総会の議案とすることを、法務省令で定める時までに、請求することができる。会社法施行規則第29条

4 第一項の特定の株主は、第百五十六条第一項の株主総会において議決権を行使することができない。ただし、第一項の特定の株主以外の株主の全部が当該株主総会において議決権を行使することができない場合は、この限りでない。

5 第一項の特定の株主を定めた場合における第百五十八条第一項の規定の適用については、同項中「株主(種類株式発行会社にあっては、取得する株式の種類の種類株主)」とあるのは、「第百六十条第一項の特定の株主」とする。

免 責リンクポリシープライバシーポリシー