バードフィーダーの作り方 1
海洋学者であり、自然愛好家であったレイチエル・カーソン(1907−1964)は、20世紀半ば、殺虫剤などの化学物質による環境破壊を告発、大統領ケネデーが自然界に有害な殺虫剤の製造販売を禁止する端緒となった『沈黙の春』を書きました。この著作のきっかけとなったのは、マサチューセッツ州ダックスベリーに住むオルガ・オーエンス・ハキンズ夫人が、ボストン・ヘラルド紙に投書した1通の手紙でした。

簡単に作れるスタンド式バードフィーダー

@           A

昨夏、蚊を退治するために飛行機が私たちの小さな町の上空を飛びました。・・・・・・いわゆる無害のシャワーを浴びることによって、7羽の鳴鳥が直ちに死にました。私たちは、翌朝、玄関の前で、3羽の屍骸を拾いました。彼らは私たちの身近なところで生活し、私たちを信頼し、そして私たちの庭の木で毎年巣を作っていたのです。
『レイチェル・カーソン』 ポール・ブルックス著 上遠恵子訳 新潮社

レイチェルは、『沈黙の春』をアメリカの小さな町の寓話から始めます。

自然は、沈黙した。鳥たちは、何処へ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感に怯えた。裏庭の餌箱は空っぽだった。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶことも出来なかった。春が来た。沈黙の春だった。・・・・・アメリカでは、春が来ても自然は黙りこくっている。そんな町や村がいっぱいある。いったい、何故なのか。 
『沈黙の春』 レイチエル・カーソン著 青樹簗一訳 新潮社

野鳥は人間の最良の友人であり、人間と自然を結ぶメッセンジャーです。華麗な絵を空に描くハクチョウ類、ガン類、ツル類など渡り鳥の保護も大事なことですが、私たち人間を信頼し、私たちの身近に生活する、メジロ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ・・・・等々への愛情の大切さを『沈黙の春』は教えてくれます。バードハウス・バードフィーダー・バードバスは『人間と野鳥の共生のシンボル』です。

野鳥たちが餌不足に悩むのは、12月から3月初旬にかけてですが、この期間は是非野鳥たちのダイニングテーブル―バードフィーダーを庭に設置したいものです。設置する場所にもよりますが、住宅地では猫害に万全の注意を払わなければなりません。猫は一度野鳥狩の楽しみを覚えると、バードフィーダーの付近の隠れ場所に2,3時間潜んで野鳥たちを捕らえようとします。ですから、バードフィーダーを最初に設置するとき、猫に対する対策を考えるべきです。

D         E

B           C

F          G

地面に直接、餌を撒いたり、フィーダーを置くことは野鳥にとって最も危険です。フィーダーは出来るだけ周りに猫の隠れ場所になるような茂みがないところが望ましいと思います。対策として、スタンド式が考えられます。スタンド式バードフィーダを作るとき悩むのはどんな風にしてポールを建てるかです。

フィダーポールは矢崎イレクター、ステンレスパイプ等外径25o×1500〜2000oぐらいの金属製パイプを用意します。

@の写真は矢崎化工のイレクター(25o径1500mm 472円)を使用しましたが、アイボリーですので、木材と区別するためグリーンにしています。ポールに入れる木材の先端を22o径ぐらいにけずり、上部の径は25oぐらいに仕上げます。そして木材をポールの穴に6cmぐらいまで打ち込み、穴を塞ぎます。
A、10cm四方の板を、9cmぐらいの長い木ネジで取り付け、板を固定します。
B台座はフィータ゛ープレートを取り付けたとき障害にならないよう木ネジヘッドを隠れるよう切り込んでおきます。
Cフィーダープレートはガーデニング用デラコッタ植木鉢水受け皿を使用します。コンクリート用ドリル刃で取り付け用、排水用穴を8個空けます。プラスチック製水受け皿の場合は木工用ドリル刃で簡単に穴が開けられます。プレートの上に押さえの木片をのせ木ネジでプレート下の台座に固定します。
D地面にポール立てるとき役にたつのが、 兵庫県三木市の小山刃物製作所が製作している「金テコ」(25o×1200o 重量約5kg価格2160円)です。西遊記の孫悟空の「如意棒」よろしく、上下に動かせば簡単に地面に穴が開きます。50cmぐらいの深さに空けます。勿論スコップ等で穴を空ける方法もありますが、「金テコ」で空けますと25oの穴が開きますので安定性があります。「金テコ」は建築用工具資材店で売っています。庭石、植木の移動等に大変便利です。なおポールを立てる場所の選択にあたっては、水道管、ガス管、排水管等の地下埋設物の事前調査が必要です。

ポールの高さは1mから1.5mぐらいが適当です。あまり低いと猫が飛び掛る危険性があります。またこの実施例では、組み立てパイプ家具のステンレスパイプを使用していますが、光沢を消すため塗装をしています。

植木鉢用のプラスチック水受け皿は、軽いので簡単スタンド式フィーダーには最適です。大皿の場合は、前の台座に20cm4方の台座を取り付け台座を2段にすると安定します。

マンションのベランダなどにバードフィーダーを置きたい場合は、簡易スタンド式フィーダーが便利です。土地に差し込む代わりに、パラソルスタンドを使用します。ただしマンションに野鳥を呼ぶ場合は、隣近所の了解をお取りになった方がよいでしょう。

英国では、植木鉢をスタンド台として利用し、ポールの根元には花を植えています。さらに植木鉢にはキャスターをつけ、季節、時間によってフィーダーの位置をかえて楽しんでいます。

降雪量の多い地方では、可動式の簡易スタンド式フィーダーは、フィーダーを窓際に移動することも可能ですので、積雪時の給餌が大変楽です。

有害農薬をレイチエル・カーソンに告げた野鳥たち

・・・・・『沈黙の春』
NEXT→


←INDEX