カロッツェリア
DVD 1DIN インダッシュナビ AVIC−DRV55
CD/USB対応オーディオ DEH−P620

取り付け



以前乗っていたCD5Aランサーの時に購入したオーディオとCDチェンジャー、
エボに乗せ替えて使用して、今年でちょうど10年が経ちました。
去年あたりからCDチェンジャーの調子が悪くなり、今年とうとう故障してしまいました。
オーディオの方は、今どき珍しい!?2DINのカセット/CDオーディオです。
ナビも今どき珍しいCDナビ、ソフトは2001年製で画面上では道のない所を走って
いたりしました。
さすがにナビとオーディオの見直しを考えるようになり、いろいろ悩んだ末にカロッツェリアの
DVD 1DIN インダッシュナビとCD/USB対応オーディオに決めました。
ナビの決め手はインダッシュタイプであることです。
CPエボのオーディオスペースはCTエボと違い下部にあり、この場所に2DINナビを入れると
「運転しながらは見れる場所ではない」、
という理由で2DINナビは不可、その点インダッシュナビは画面がせり上がってきて
「見やすい」ということで採用になりました。
オーディオは、「CDチェンジャーの代わりにUSBメモリを使う」ということで採用になりました。








 いろいろ悩んだ末に決まった
 カロッツェリア AVIC−DRV55です。


 インダッシュタイプ&価格が決め手でした。














 ナビが決まってしまえば
 オーディオは同じメーカーに
 してしまいます。

 今回はCDチェンジャーの変わりに
 USBメモリを使用とすることにしました。


 何を購入するにも予算という
 大きな壁があるんですよね
 (^_^;)












 今回は一緒に
 「オービスROM」
 というものを購入してみました。

 安全運転を心がけているのですが、
 面白そうだったので・・・










 あとは、

 エーモン
 「Y型接続端子 M259」、
 イエローハット
 「電源取出コネクター
  三菱車用(14ピン) B−1M」、
 カロッツェリア
 「IPバスケーブル(28cm)
  CD−IP28」、

 を用意しました。

 作業中に気づいたんですが、
 IPバスケーブルは
 使用しないことが判明(泣)











 今まで使用していたパナソニックの
 CDナビと10年前のカロッツェリアの
 2DIN・CD/カセット・オーディオです。

 つい最近まで6連のCDチェンジャーも
 トランクに取り付けて使用していました。













 さて、作業開始です。



 オーディオの化粧パネル、
 コンソール周辺も全部取り外し
 作業をし易い環境にします。














 助手席も外してしまいました。



 一冬分のホコリが目に付いたので、
 この時点で作業を一旦中止して、
 掃除機を使って大掃除になりました。












 作業再開です。


 サイドブレーキの配線を
 ちょっと加工しました。

 ナビに付いてくるエレクトロタップが
 キライなので、前もって買っておいた
 Y型接続端子をとりつけます。

 手が入りにくいので、作業は
 思ったよりもタイヘンでした。








 次はバックランプにも、
 Y型接続端子を取り付けます。

 こちらも配線が短くて
 作業がタイヘンでした。



 管理人のエレクトロタップの
 キライな訳
 「配線が切れてしまいそうだから」
 です。


 ここで、作業の1日目は終了です。







 ここからは2日目の作業になります



 助っ人の「電気職人 ueta氏」



 助っ人というよりも、
 半分以上の作業を
 行って頂きました。

 uetaさん、今度メシおごりますね。








 オーディオを外し、車体側のカプラーと
 三菱用オーディオ用電源カプラーの間に、
 「電源取出コネクター
  三菱車用(14ピン) B−1M」
 を割り込ませます。


 ナビ用電源とオーディオ用電源の
 コネクターの二基掛けです。
 (このやり方が正しいかは
  私は解りません・・・)











 ナビとオーディオの配線を
 ひとつひとつチェックして
 確実に接続していきます。



 メーターの電源もオーディオから
 取っていたので、
 配線が凄い事になっていました。



















 前日に取り付けたY型接続端子に
 ナビの配線を接続します。


 やはりエレクトタップよりも
 ギボシ端子の方が安心しますね
















 GPSアンテナを設置する場所は
 ダッシュボード上の3連メーターパネルの
 奥にしました。

 配線を通すため3連メーターパネルを外します。
 
 この画像でお判りのとおり、以前の作業で
 メーター配線を通すためにダッシュボードに
 穴を開けています。
 (見える所に配線を這わせていることが
  キライなので思い切って穴を開けました)

 今回はこの穴を利用してGPSアンテナの
 配線を取り回します。











 ・・・と思いましたが、
 新たに穴を開けてしまいました。
 (^_^;)

















 3連メーターパネルを取り付けます。


 画像をみてお判りの通り、
 車内は配線でタイヘンなことに
 なっています。













 GPSアンテナは、この様なカタチに
 落ち着きました。

 ここなら、運転席から目に付きませんし、
 フロントガラスのすぐ下なので、
 GPS衛星からの受信も問題ないでしょう。


 自分ではなかなか良い場所だと
 思っています。









 次はフロントガラスにフィルムアンテナを
 貼り付けます。
 (画像は助手席側にフィルムアンテナを
 取り付けています)


 注)
 ブースターアンプおよびフィルム金属部の
 張付許容範囲
 セラミックライン下部より上下25mm以内に
 ブースターアンプとフィルム金属部が入る様に
 取付ます。

 *25mmをオーバーすると車検が通りません










 左右のブースターアンプからの配線を
 助手席側のAピラーの内側を通します。



 私と手伝ってくれたueta氏は
 目の前に配線があることをとことん
 キライます。













 次はナビとオーディオを
 1つにまとめます。


 以前に使用していたオーディオから、
 取り付け用のステーを外して
 再使用します。
 (もちろんステーは純正品です)













 上:DVDナビ
 下:オーディオ


 このようなカンジになります。
















 先ほど接続した配線を、
 ナビ本体とオーディオ本体に接続します。

 この時点で、配線の接続間違えがあるかは
 確認できないので、かなりドキドキものです。
 ueta氏と2人で確認しながら作業を行って
 いるので問題無いはずなんですが・・・















 車体に取り付けます。


 配線が多くなったので、
 ナビ&オーディオの後ろが
 キツキツです。














 ハイダウェイユニットを
 助手席の下に取り付けます。


 セダンという構造上、
 この場所しかないんですよね
 (^_^;)













 クルマがバックした時の信号を拾うための
 配線をバックランプに接続します。


 リヤシートを取り外し、
 以前取り付けたシフトインジケータの
 配線と一緒に取り回し作業をしました。


















 次にトランクルームの内装を外し、
 配線を動かないように固定します。


















 前日に作業で取り付けた
 Y型接続端子に配線を接続します。

















 この様な感じになります。























 内装を取り付けて、トランクルーム内の
 配線作業は終了です。


















 エアコンユニット、オーディオ化粧パネル、
 各種メーターを元通りにして完成です。

 以前使用していたオーディオの色が
 シルバーでした。
 今回はナビとオーディオの色が黒に変わり
 車内の内装と同色になったので、
 落ち着いてみえます。

 ナビも使用していないときは
 収納されているため、スッキリして見えます。















 ナビ画面をオープン&オーディオ電源を
 入れるとこの様な感じになります。

 エアコンユニットユニットの画面は
 隠れてしまいますが、
 ナビ画面は運転しながらでも
 見やすい場所だと思います。


 サイズを測ったように
 時計が見えるのにはちょっとビックリ
 (^_^;)











 左から

 ナビのリモコン、
 オーデイオのリモコン、
 オーディオのUSB接続部

 です。









 ナビ画面の場所が見やすい所にあり、しかも必要の無い時は格納できるので、
 インダッシュタイプにして正解でした。
 オーディオはUSBメモリがCDチェンジャーの変わりになり、しかも画面にいろいろ表示されるので、
 このオーディオにして良かったと思っております。
 限られた予算の中で納得ができる買い物だったので非常に満足しています。



 戻る