COLOに捧ぐ

Kitty..forever.

 

このHOMEは一年と少しだけ生きて あっという間に逝った、愛猫Coloのために作った追悼ページです。

正月も終わる頃の事 排尿姿勢はするがおしっこの出た様子があまり無い。食事は摂るが元気がない。

翌日はトイレに住みだすかと思うくらい入ったきり、異常を感じて病院へ。カテーテルで排尿、点滴の処置をして帰る、食欲あり。今思うとその後は小康状態だったのか。

2週間ほどして※再発。

同じ処置されるも、さすがにカテーテル入れる時はかなり痛いらしく、めったに声を出さないやつが一声叫ぶ。 なんと血尿だ、、

120ccくらい出す。帰宅するやガブガブと水を飲む。しかし食事をとらないし異常なくらい元気が無い。

翌朝また病院へ、同じ処置される。血尿は無いが100cc程出る。点滴を受けて帰ってくる、やや元気になったような。トイレに入るが相変わらず排尿できない。

翌朝ぐったりしている、もしや処方も投薬も違うのでは? 頭をかすめた。(違う病院へ連れて行こう。。。)

その時だった 突然の発作 二度深く息をした後逝った。

何が起きたかわからない 呆然としている自分。

 

医者も説明がつかない様子だったが推測するに早い段階で尿毒症に陥ったと思う(それにしても早かった)。若いオス猫に多いとの事で泌尿器症候群(FUS)とやら、膀胱炎.尿道炎.尿道結石症等が要因とされるらしい、しかし尿道の発育不全など様々な理由があることを後で知った。

 

(後悔の日々つづく)

 

 

© 2005 Colo & Akira

All Rights Reserved

This home page is

developed using

Microsoft Publisher.

 

2005.03   by yama

 

05’.1.25 he’s past a way