トップ 日ハムHP 2006公式戦 日刊スポ 2006年情報 2006年語録 2005年 記録 応援リンク 入会案内・申込書 会則

2006

江尻選手 語録

(2006.5.20)

5月20日 対広島 広島市民球場 敗戦 4勝3敗)
「言葉もありません・・・。先発としての責任を果たせなかったことが悔しいです。自分で自分を苦しめてしまった。今日の課題を次回の登板に活かしたい。次、頑張ります。」
(4回2/3を投げ、5安打3失点)
ヒルマン監督
「今日の江尻はいつもより全然キレがなかったように思えた。そんな中4回まではよく0に抑えてくれたと思う。鎌倉も劣勢の場面での登板ながら、良いピッチングだったといえる。」

5月13日 対ベイスターズ 札幌ドーム 勝利 4勝2敗)
「昨日の八木や、武田久、MICHEAL他投手陣のみんなが素晴らしい手本を見せてくれている。自分もそれらに負けないピッチングを見せなければと思いながら全力で投げました。首位に立っているチームの中で投げられることを光栄に感じているし、とても充実している。次の登板も同じ気持ちでしっかりと準備をして望みたいです。チームが勝利してよかった。守備面でも攻撃面でもリードしてくれた鶴岡にも感謝したいです。」
(7回を投げ、7安打1失点)
ヒルマン監督
「今日の江尻はまっすぐと変化球の投げ分け(ストライク・ボールの)がしっかりしていた。非常によい投球内容だったと思う。ディフェンスにミスが2つ出たのが課題だが、ミスのあとのフォローはよかった。鶴岡の打球は抜けるとは思ったが、まさかスタンドインするとはね・・・。ダッグアウトにいた全員がびっくりしたと思うよ。左中間のあの辺はなかなか入る場所じゃないからね。選手たちの中に、よい意味の自信がついてきている。得点が少なくても投手陣が抑えてくれる。失点が多くても必ずカバーしてくれる。といった信頼関係が接戦や競り合いに勝利できている要因ではないかな。」


5月 6日 対楽天 フルキャストスタジアム (勝ち負けなし) 3勝2敗)
「今日は言葉もありません。チームのみんなに申し訳ない。なんとかチームに勝ってほしいです。」
(4回1/3を投げ、11安打4失点)
ヒルマン監督
「今日は打線がよくボールを見極めてヒットを積み重ねてくれた。だんだんチャンスを確実にモノに出来るようになってきた。金田が代わってくれたのは正直ウチにとって幸運だった。打ち倦んでいたのは事実だったし。江尻はボール自体はいっていたとは思うが、甘いところに全て集まってしまっていた。あれだけ打たれている中で6回の小笠原のプレーや、難なくこなしているように見えた8回先頭の金子のプレーは素晴らしかった。傾いていた流れを見事にこちらに引き戻す素晴らしいプレーだった。今日は守備の勝利といえる。」


4月30日 対ソフトバンク 札幌ドーム 敗戦 3勝2敗)
「チームが勝利するためにマウンドに上がっている訳ですから、内容が良くても調子が良くてもチームが勝たなければ意味がない。自分のミスでの失点もあったし、杉内投手に投げ負けていたということだと思います。今日のピッチングを次の登板に必ずつなげたいです。」
(9回を投げ、5安打2失点)
ヒルマン監督
「今日の杉内投手はあまり良い出来とはいえなかったと思う。ウチの打線が悪いボールに手を出しすぎて自滅していたように見えた。確かに要所要所に素晴らしいボールは投げていたけどね。序盤に崩せなかったのが痛かった。江尻は素晴らしい出来だったが、やはり先制点を序盤で与えてしまったのは今日の相手先発を考えると痛かった。内容自体は本当に素晴らしかったと思う。」


4月23日 対マリーンズ 札幌ドーム 勝利 3勝1敗)
「絶対0で抑えるっていうのが今日の目標だったんですけど、投球内容にしては失点1は上出来だったのではないでしょうか。」少しでもイニングを稼いで中継ぎ投手陣に楽してもらいたかったんだけど・・。すみません。信二(高橋捕手)が本当によくリードして精神的にも引っぱってくれた。中継ぎ投手陣に頑張ってもらってチームに勝利してほしい。それだけです。」
(6回1/3を投げ、3安打1失点)
ヒルマン監督
「今日は本当に良いゲームだった。ヒットの数は少なかったが、ここという場面で効果的に一本が出た。ここのところ良くなかったセギノールに一本が出たのは安心した。江尻は先発としての役割を果たしてくれた。中4日の苦しい中良く頑張った。」


4月18日 対バッファローズ 東京ドーム 勝利 2勝1敗)
「今日の投球内容は0点です。6連戦の頭の試合の先発を任されて5回しか投げられないなんて本当に自分が情けないです。日曜日の金村さんの体を張ったマウンドの姿に続きたかったのですが。チームに申し訳ないです。」
(5回を投げ6安打3失点)

4月 9日 対ライオンズ 札幌ドーム 負け 1勝1敗)
ヒルマン監督
「江尻は闘争心を持ってとてもよい内容だった。が、やはりフォアボール・フォアボール・ホームラン。あそこだけ・・・。これで、全チームと対戦を終えたわけだが、取れる星を落としている印象が強い。なんとかなるはず・・・・。」

(9回を投げ3安打3失点)

4月 2日 対バッファローズ 大阪ドーム 勝利 1勝)
ヒルマン監督
「毎日のホテル移動やナイターデイなど日程が過密な中でみんな良く戦っている。そんな中での3連勝は本当に大きいね。火曜日からのホークス戦で更に勢いをつけて北海道に戻りたい。江尻は、ツーストライクに追い込んでからの攻めがまだ甘いところがある。その課題を次までに必ず修正してきてほしい。」

(6回1/3を投げ、10安打5失点)

3月26日 対イーグルス 札幌ドーム (勝ち負けなし)
「言い訳はありません。これから1戦1戦必死で戦っていくだけです。とにかく次の戦いに向けて最高に準備をしたいと思います。チームには本当に迷惑をかけてしまいました。今はチームに勝って欲しい。それだけです」
(2回2/3、54球、被安打7、三振1、四死球2、失点・自責点2)