為替のテクニカル分析入門 TOP

私なりのバックテスト方法1

FXバックテスト方法入門
初心者からのテクニカル分析入門・FX取引入門
テクニカル分析とは? テクニカル分析とは何か
テクニカル分析指標解説
・トレンド追随型指標
・オシレーター系指標
・出来高指標
テクニカル分析を始めよう
・テクニカル分析をするには
・売買ルールを決める
・バックテストとは
分散エントリーでリスク軽減
・タイミング(時間)
・エントリー値段を分散
・取引通貨ペアを分散
ローソク足の見方
・ローソク足とは
・ローソク足のパターン分析
・ローソク足と移動平均線
スポンサーリンク
トレンドラインの活用法
・トレンドラインとは
・トレンドラインの引き方・見方
・アウトライン
トレンド(trend)
・トレンド(trend)とは
・現在のトレンド判断
・トレンド転換を察知
保ち合いチャートパターン
・ダブルトップ/ダブルボトム
・中段保ち合いパターン
FXデイトレード
・デイトレードとは
・デイトレードの長所と短所
・取引時間帯と通貨ペア
スポンサーリンク
テクニカル指標の活用法
ボリンジャーバンド
・売買サイン
・売買サインの使い分け
ストキャスティクス
・ストキャスティクスとは
・売買サインの使い分け
逆行現象で売買
・逆行現象とは
移動平均線の活用
・サポート/レジスタンス
・押し目買い/戻り売り
FX取引入門
-外国為替証拠金取引入門
・外国為替証拠金取引とは
・外国為替証拠金取引の例
・外国為替レートの見方
・為替証拠金取引の魅力
・スワップ金利とは
各通貨ペアの月別傾向
過去為替相場の各通貨ペアの月別の上昇・下降傾向などの為替データ
バックテスト
私なりのバックテスト方法
バックテストvol.U
バックテストvol.V
バックテストvol.W
まずは当たり前ですが、分析に使用するテクニカル指標と売買ルールを決めます。
売買ルールはほとんどシンプルな物が多く、トレンドに沿ったものが主流です。
私は同じルールでチャートの時間枠を変えて必ずテストするようにしています。なぜかというと時間枠が違うだけで検証結果にかなりの違いが出てきます。
基本的に短期売買(2、3時間で決済する時もある)なので、検証に必ず使用する時間枠は1時間足、2時間足、4時間足です。(これからは日足も検証しようと思ってます)
Ecxelを使用し、チャートを見ながらそれぞれ記入していきます。
記入する内容はエントリー値、クローズ値、最良P、最良Eというものです。

・最良Pとはエントリーしてからクローズするまでの間にあるもっとも利益
 が高いポイントの値段のことです。
最良Pをチェックしておくことでその売買ルールのエントリーしてからの各利益額に到達する確立を出すことが出来ます。

 *各利益額とは+2000円、+3000円、・・・+10000円という感じです

・最良Eとはエントリーしてからクローズするまでの間にあるもっとも良い
 エントリーポイントの値段のことです。
最良Eをチェックすることでルール上でエントリーした値段よりも有効なエントリー値段に到達する確立を出すことが出来ます。
今の所、最良Eに関しては参考程度に見るようにしています。
 (ルールによっては最良P/Eの適応範囲を変える事もあります)

最良Pの見方としては、例えば、下の表を見て下さい。ルール上のトータル損益はマイナスだが、
「決済ルールより先に+4000円に到達した時点で決済する」
というのルールを付け加えるとプラスになるということも分かって来ます。

エントリー クローズ ルール上損益 最良P 最良P損益
130.50 売 130.30 +0.20 130.10 +0.40
130.80 売 130.50 +0.30 130.40 +0.40
140.50 売 140.60 -0.10 140.00 +0.50
140.00 売 140.60 -0.60 139.90 +0.10
Total損益 -0.20 +0.60

テクニカル分析本-ジャック・シュワッガーのテクニカル分析
外国為替相場リアルタイムレート外国為替リアルタイムチャートFXトレーダーズBBS為替取引会社一覧
Copyright (C) Foreign exchange life.All Rights Reserved.
(新米為替トレーダーのFXテクニカル分析入門 初心者から玄人まで)