為替のテクニカル分析入門 TOP 私なりのバックテストvol.W
テクニカル分析とは?
テクニカル分析指標解説
・トレンド追随型指標
・オシレーター系指標
・出来高指標
テクニカル分析を始めよう
・テクニカル分析をするには
・売買ルールを決める
・バックテストとは
私なりのバックテスト方法
バックテストvol.U
バックテストvol.V
バックテストvol.W
分散エントリーでリスク軽減
・タイミング(時間)
・エントリー値段を分散
・取引通貨ペアを分散
ローソク足の見方
・ローソク足とは
・ローソク足のパターン
・ローソク足と移動平均線
トレンドラインの活用
・トレンドラインとは
・トレンドラインの引き方・見方
・アウトライン
トレンド(trend)
・トレンド(trend)とは
・現在のトレンド判断
・トレンド転換を察知
保ち合いチャートパターン
・ダブルトップ/ダブルボトム
・三尊/逆三尊

・中段保ち合いパターン
FXデイトレード
・デイトレードとは
・デイトレードの長所と短所
・取引時間帯と通貨ペア
損切り(ストップロス)
・損切りの重要性
・損切りと利食い
・損切り注文の出し方
各通貨ペアの月別傾向
過去為替相場の各通貨ペア
の月別の上昇・下降傾向
テクニカル指標の活用法
ボリンジャーバンド
・売買サイン
・売買サインの使い分け
ストキャスティクス
・ストキャスティクスとは
・売買サインの使い分け
逆行現象で売買
・逆行現象とは
移動平均線の活用
・サポート/レジスタンス
・押し目買い/戻り売り
為替のテクニカル分析 バックテスト

次に今までのバックテストの結果を比較してみます。
それぞれの為替売買ルールに番号をつけ、バックテストに使用した時間枠、通貨ペアを一目で分かるように記入していきます。テクニカル分析に使用したテクニカル指標名などをを記入しておくとより比較しやすいかもしれませがここでは省略します。

1万通貨あたりの為替差損益
2004年度 ルールNo No1 No2 No3
最高利益 通貨/時間 ER/JP4H ER/JP4H ER/JP4H
20000 1月 12000 20000 -20000
32000 2月 -3800 -32000 32000
45700 3月 45700 -1900 1900
10800 4月 10800 -2500 2500
18000 5月 10500 -18000 18000
43700 6月 43700 9500 -9500
17900 7月 17900 7800 -7800
6500 8月 -11400 -9800 9800
15500 9月 15500 -7500 7500
24400 10月 24400 -12000 12000
5000 11月 5000 2500 -2500
4600 12月 4600 3200 -3200
年間損益 174900 -40700 40700
ER/JP4Hは通貨ペアはユーロ/円 時間枠は4時間という意味

上記の表では一番利益の出る可能性の高い売買ルールはNo5です。あくまで過去の相場での結果ですので来年は年間損益がマイナスになるという事もありえます。一つのルールだけで取引するのではなく、いくつかのルールを使用して売買するのもいいかもしれません。

ルールNo7とNo8を見て下さい。まったく逆の結果が出ています。(実際にはありえないですが)
このような二つのルールを使用して取引すればローリスク ローリターンでの取引が出来ると思います。
売買ルールの組み合わせとして
 ・順張り系の売買ルール(順張りで使用するテクニカル分析指標)
 ・逆張り系の売買ルール(逆張りで使用するテクニカル分析指標)
 を組み合わせてみるのも面白いかもしれません。


スポンサードリンク

外国為替相場リアルタイムレート外国為替リアルタイムチャート為替取引会社一覧
Copyright (C) Foreign exchange life.All Rights Reserved.
(新米為替トレーダーのFXテクニカル分析入門 FX初心者から玄人まで)