新米為替トレーダーのテクニカル分析入門 TOP
新米為替トレーダーのFXテクニカル分析入門
外国為替(FX)オーバートレード
オーバートレードとは
・オーバートレードというトレード
親会社はJASDAQ上場、更に信託保全で安心資産管理のFX

オーバートレード

オーバートレードとは

オーバートレードとは簡単に説明すれば、資金の多くを一回のトレードに使用する取引ということでしょうか。
例として、1万ドルにつき証拠金5千円が必要で預け入れている資金が11000円だとします。
この口座状態の時に証拠金に1万円使用して2万ドルを取引すれば、オーバートレードになるでしょう。
余剰資金は1000円となり、ドル/円だと11銭、思惑と逆方向に動いただけでロスカットとなります。

オーバートレードというトレード

早く大きな利益を手にしたいという欲望に負けて、預入証拠金に見合わない量のポジションを持つと痛い目にあう。
多くのポジションを持てば、思惑通りに相場動いた時は利益は大きいが逆に思惑が外れた場合は損失は大きなものとなり、オーバートレードで何回か失敗した後は大概、証拠金を追加することを余儀なくさせる。またはトレード資金を失い、当分の間、トレードすること自体不可能になる。

オーバートレードする理由はなんだろうか。
自分もそうだったように、「早く大きな利益あげたい」「損を早く取り戻したい」という理由が大半ではないだろうか。
一回の損失も出さずに永遠に勝ち続けるというのは為替取引でも株取引でも不可能である。
徹底的に分析したトレードでも負ける時は必ずやってくる。
為替トレードで利益を手にしていくというのは、「成功しては失敗し、失敗しては成功する」その繰り返しでしかない。その失敗成功の繰り返しの中でいかに損失より利益を大きくしていくかということになる。

失敗するトレードもあれば、成功するトレードもある。
失敗しても次のトレードで利益を掴むためにオーバートレードは避けなければいけない。数回のオーバートレードで多額の損失を出し、チャンスと思った時にトレード出来ないという事態を避けるためにも。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
各テクニカル分析指標の基本的な見方・使い方を掲載しています。テクニカル分析は買いサイン、売りサイン、利食い目標値、損切り水準などを分析者に示してくれます。しかし、分析結果の中には多くの騙しも存在します。騙しを減らし利益に繋がる確立の高いサインかどうかを見極める必要があります。テクニカル分析の組み合わせ、各通貨ペアでのバックテストなどでテクニカル分析の有効性を”分析”することはとても重要な作業です。
トレンド追随型指標 オシレーター系指標 出来高指標
移動平均線 ボリンジャーバンド モメンタム ストキャスティクス ボリュームレシオ
パラボリックタイムプライス エンベロープ サイコロジカルライン ディレクショナルムーブメントインデックス ワコーボリュームレシオ
カギ足 新値足 %Rオシレーター 乖離線 オンバランスボリューム
練行足 P&F RSI RCI
ROC MACD ピボット
分散エントリーでリスク軽減
・タイミング(時間)
・エントリー値段を分散
・取引通貨ペアを分散
ローソク足の見方
・ローソク足とは
・ローソク足のパターン
・ローソク足と移動平均線
トレンドラインの活用
・トレンドライン(Trend line)とは
・トレンドラインの引き方・見方
・アウトライン
トレンド(trend)
・トレンド(trend)とは
・現在のトレンド判断
・トレンド転換を察知
FXデイトレード
・デイトレードとは
・デイトレードの長所と短所
・取引時間帯と通貨ペア
各通貨ペアの月別傾向
過去為替相場の各通貨ペア
の月別の上昇・下降傾向
クロス円・ユーロドル・ポンドドルなど
外国為替証拠金取引入門
・外国為替証拠金取引の例
・外国為替レートの見方
・為替証拠金取引の魅力
・スワップ金利とは
損切り(ストップロス)
・損切りの重要性
・損切りと利食い
・損切り注文の出し方
テクニカル分析指標活用
ストキャスティクス
・ストキャスティクスとは
・売買サインの使い分け
逆行現象で売買
・逆行現象とは
移動平均線の活用
・サポート/レジスタンス
・押し目買い/戻り売り
ボリンジャーバンド
・売買サイン
・売買サインの使い分け
過去為替相場のチャート(ロウソク足チャート/ラインチャート)
ドル/円チャート ユーロ/円チャート ポンド/円チャート
ポンド/ドルチャート ユーロ/ドルチャート
各通貨の変動幅データ(週間・月間・年度別など)
ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
豪ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/ドル
外国為替相場(FX)リアルタイムレート外国為替(FX)リアルタイムチャートFX取引会社一覧
当サイト内容に関しては正確な情報を掲載するよう努めておりますが当サイトを参考に取引されて、損失などが発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。当サイトのコンテンツは著作権法で保護されています。一部又は全部を無断で転載・配布・公衆送信などの行為を禁じます。
Copyright (C) 2005〜 Foreign exchange life.All Rights Reserved.
(新米為替トレーダーのFXテクニカル分析入門)