SF風のイス。戦艦のブリッジとかの司令官用のイス
ってな感じで製作。でも、うちのゲームで座るのは、
きっととんでもない奴
大型のコンピューター。たぶん、失敗作。
下向き用に作ったコンピューター。上のイスと併用
しよう。
壁です。機械風味に製作。
扉です。そのうち歩行アニメーションで開け閉め
出来るようになってると思います
Autotilesです。
上の壁用に製作。
無駄に細かくやってみたが、無駄に微調整
しなきゃいけなかった苦い思い出の作品。
地面タイルです。色合いが少し薄かったかな?
広げて使う意味の無い床。元々ワープポイント用に設計。それをどんな理由か、アニメーション風にしてみてみた作品。非常に使いづらい。
透明な床が欲しくなったので、即興で作った物。デザインは自分の感性丸出し
クリック


↑こんなのが出来ます。プロペラは、歩行キャラでアニメーション風に製作中

飛空挺のマップチップです。
元々自分用に作ったのを、他の人も使えるように調整した物です。そのため、はっきり言って使いにくいことこの上ない。このマップチップは、実験的な意味合いが強く、そのうち完全版作るかもしれませんね〜。プロトタイプ 1-Mってところです。



  。
クリック
取りあえず、マップチップを作ってみよう、という思いつきでつくった作品。
最も初期の作品で、とっても見れた物ではない。
クリック研究所のマップチップを作ろうと思い、つくった作品。実験的に過ぎず、これをバージョンアップしたものをそのうち作ると思います。

キューブのつもりで作ったもの。当初の目的の物とはかけ離れているが、何故か気に入った作品

作ってみたいので作ってみただけのもの。出来はイマイチ

透き通ったバリア風の扉が欲しくなり、即興で仕上げた作品。歩行キャラ欄に、アニメーション風に作った物が置いてあります。

近未来の研究所地下用の壁。デザインをもう少し凝るべきだったと反省。

単なる勢いで出来たもの。っというか、作者本人にも、これが何であるかはよく分かっていない。

近未来の研究所地価用のオートタイル。たぶん、そのうちもっとしっかりした物になってると思う。
ここまで作るのに10日かかった謎の作品。
本人的に、下のほうにあるパーツが良作。
しかし、私のゲームは無駄に自作しなければいけない
素材が多すぎる。音楽とスプリクト以外はほとんど自前だし