このテクニックは、例として「火炎弾」を持ってることにより使用できる「ファイア・ボルト」で説明します。
まず、前準備として以下のモノを準備してください。

1、スキル「ファイア・ボルト」を二つ製作。
2、アイテム「火炎弾」の製作。
3、コモンイベントに「弾丸所持、不所持」と「火炎弾丸減少」の二つを製作。
4、スイッチ操作で「弾丸変化スイッチ」を作っておきます。(名前だけ)

 以上の準備が出来ましたら、まず最初に、「ファイア・ボルト」の一つ(二つあるので、これからは最初をA、次のをBとして区別します)「ファイア・ボルトA」のスキル製作欄にあるコモンイベントの所に、3で製作した「火炎弾丸減少」を組み込みます。

次に、「ファイア・ボルトB」の製作欄にある「使用可能時」の部分を「バトルのみ」から「使用不可」に変更してください。

これが出来たら、次に移ります。次は、「火炎弾」の製作欄にあるコモンイベントに3で製作した「弾丸所持、不所持」を組み込み、欄にある使用可能時を、「使用不可」に変更してください。

これが終わったら、コモンイベントの設定に移ります。まず「弾丸所持、不所持」を開き、トリガーを並列処理して、次に4で作ったスイッチ操作「弾丸変化スイッチ」を、条件スイッチに組み込みます。これが終わったら、実行内容に「条件分岐」を選択し、実行内容を「火炎弾を持っている」に設定します。これを作ったら、以下のように表示されます。


条件分岐:[火炎弾]を持っている

 
 それ以外の場合
 
 分岐終了


 と、出ます。次に、「条件分岐:[炎の矢]を持っている」の下のに「条件分岐」をまた入れ、アクターが「ファア・ボルト」を取得済みを実行内容として入れます。以下のようになります。


条件分岐:[炎の矢]を持っている
 条件分岐:[アクター]が[ファア・ボルト]を習得済み
   
   それ以外の場合
    
   分岐終了
 
 それ以外の場合
 
 分岐終了


 このようになったら、条件分岐:[アクター]が[ファア・ボルト]を習得済みの下、に「スキル増減」をいれ、アクターが「ファイア・ボルトA」を覚える、と、忘れる、を入れます。以下のように。


条件分岐:[火炎弾]を持っている
 条件分岐:[アクター]が[ファア・ボルト]を習得済み
   スキル増減:[アクター]+[ファイア・ボルトA]
   スキル増減:[アクター]−[ファイア・ボルトB]
   それ以外の場合
    
   分岐終了
 
 それ以外の場合
 
 分岐終了


 以上で、「弾丸所持、不所持」は終了です。次のコモンイベント「火炎弾減少」に移ります。「火炎弾減少」では、まず最初に実行内容に「アイテムの増減」を選び、「火炎弾」を一つ失うように設定します。次にこの下に条件分岐を選択し、炎の矢を持っていると、上記で書いたように設定します。


アイテム増減:[火炎弾] ‐1
条件分岐:[火炎弾]を持っている
 
 それ以外の場合
 
 分岐終了


と、上記のようになります。次に、「それ以外の場合」の下に スキル増減:[アクター]+[ファイア・ボルトB]、スキル増減:[アクター]−[ファイア・ボルトA]を設定します


アイテム増減:[火炎弾] ‐1
条件分岐:[火炎弾]を持っている
 
 それ以外の場合
 スキル増減:[アクター]+[ファイア・ボルトB]
 スキル増減:[アクター]−[ファイア・ボルトA]
 分岐終了


上記のようになったら、このコモンイベント「火炎弾減少」は完成です。
これらが終了したら、ゲームの最初辺りにトリガーイベントを組み込み、スイッチを入れておけば動きます。イベント設定は以下の通り。


[ 1 ]

実行内容:

コモンイベント:「弾丸所持。不所持」
スイッチ操作:[弾丸変化スイッチ]=ON

トリガー:自動実行

[ 2 ]

条件
スイッチ [弾丸変化スイッチ]がON

実行内容:無し


以上の組み込みで正常に動きます。何かしらの動作不良がありましたら、私の方まで連絡のほど、よろしくお願いします。
必殺技による
アイテム消費テクニック
ちょっとしたテクニック