Advanced*CareDr.Iritani'sDentalOffice


イメージ 女性 清潔さ、精密さ
そして快適さを追求します。
予約専用電話 03-5638-7438
イメージ 花

home
院長プロフィール
院長のブログ
オフィス独自の特色
当院でできる治療
ラバーダム防湿法
削らない・抜かない
もし、歯を失ったら
噛み合わせは重要
自信を持つ白い歯
リラックス・無痛
予防
アンチエイジング
矯正治療
先進医療
標準感染予防対策
カウンセリング
クリティカルパス
smilist staff
タバコの害
歯科疾患事情
治療行為
医療費控除
スタッフ募集へ

 office*information
ラバーダム防湿法

お口の中の小さな手術室


   ラバーダム防湿

ラバーダム防湿法とは唾液やバクテリアから歯を隔離し、小さな手術室を作ることです。

当オフィスでは歯の治療のための前準備としてかぶせ物や詰め物の治療そして虫歯や神経の治療など可能 な限りラバーダム防湿法を併用しています。

ラバーダム防湿法は安全(感染予防対策の必須条件)確実(治療効率の向 上、汚染防止)安心(医療事故の防止)な診療を受けていただくために必要な物であり、歯科医師は可能な限り行う責務があります。

歯の治療は内臓の手術と同じ

ラバーダム防湿法は治療する歯をお口の中から隔離し危険因子の少ない 環境を作ります。わずかな器具と時間で安全・確実・安心を得ることができるのです。

イメージ オペ発生学・解剖学的にみて歯を削ったり神経の治療をすることは体の内部 を手術しているということに相当します。


外科医が内蔵の手術をするこ とと何ら変わりがないのです。 多量のバクテリアが潜む唾液が歯の内部へ侵入することは最大限努力し て遠ざける必要があります。

ラバーダム防湿法の利点

医療事故を防止できる。
多種多様な歯科器具や薬剤の患者様の嚥下や誤飲を防ぐことができる。

外科的に清潔な手術野を確保できます。

歯の防湿が保たれるので薬剤塗布や接着がより確実に行えます。

術野の明視と治療の効率の向上。
口腔内の軟組織(歯肉・口唇・舌・頬)の排除と保護が瞬時に行えま す。 歯科医師は左手で口唇や頬を押さえ口腔内を見やすくしますが、その役割をラバーダムが補います(手1本分の働き)。

結果として歯科医師 は両手を使うことができます。(歯科医師の手が3本になる)

感染予防対策に必須です。
歯科治療中、歯科医療従事者や装置の表面を汚染しうるエアロゾルや飛散物として患者様からの唾液や血液等からバクテリアが放出する可能性があります。結果、患者様や医療従事者に感染の危険リスクが高まります。

ラバーダム防湿法は歯科治療において最も推奨されるべき感染予 防対策の一つです。(世界で最も厳しく先進的な米国厚生省疾病管理予防センター 歯科医療における感染管理のためのCDCガイドライン2003より抜粋 http://www.cdc.gov/)  

いくら「パッキングをしている」「全ての器具は滅菌している」 「ディスポーザブルを使用している」とはいっても、ラバーダム防湿法 を多用していなければ感染予防対策を行っているとは言えないと考えま す。





Grossman 歯内療法学の教授

歯科医師にはラバーダム防湿法を省略したことによって起こる、患者様 の組織損傷や誤飲・嚥下については明らかな法律上の責任がある。 (Grossman )


     ラバーダム装着

*当医院で実際にラバーダムを装着している様子



ラバーダム防湿ができない場合

歯の治療に当たり先ずするべき第一選択はラバーダム防湿法でありますが、鼻で呼吸できない方や様々な理由でラバーダム防湿法がなじまない方にも第二選択的な防湿法があります。


多目的バキュームZOO
多機能バキュームZOOを使用。



ラバーダム防湿のブログはこちら

実際の当医院でのラバーダムの様子を知りたい方は
以下の院長ブログをご覧ください。

http://iritani.exblog.jp/i18/