釣り仕掛け一覧 鯛(テバネ) 鯛(ビシマ) アオリイカ ヒラメ カワハギ
カンパチシ・マアジ五目他 鯛シャクリ
 目印の見方
鯛(リールシャクリ)1
鯛(リールシャクリ)2
オニカサゴ イサキ 黒メバル・カサゴ 沖メバル
 
 
テバネシャクリの目印の見方
テバネ竿による鯛釣りはこちらで水深(タナ)をヒロ(尋)で指示いたします。
その指示ダナにラーヂ(ミチイト)を合わせてください。
そのためにミチイトにはオレンジ色の目印が打ってあります。
以下の表は目印の数とメーター数を表記したものです。


テバネ竿にはリールは付いてません。
リールの代わりにミチイトを巻く“糸巻き”が付いてます
その間隔は約25pで一巻きすれば、50p巻けるようになっております。
すなわち3回巻き取れば(あるいは3回出せば)1ヒロ(1.5m)ということです。
例えば3ヒロ延ばす時は1ヒロが3巻きですから9回出せば3ヒロ出るのです。
最初は慣れないかもしれませんが、覚えてしまえば以外と簡単で
なにより短いテバネ竿で鯛を掛けてリールではなく自分の手でラーヂを手繰り
鯛の引く感触を直に味わえるこの釣りは例えようのない快感です。

みなさまも一度チャレンジしてください。 女性・初心者の方大歓迎です
contents

真鯛専用ページへ