■ エラー表示について

処理中にエラーが起こったときは、
エラー>(内容)
(ファイル名)
このファイルをスキップします[-x y z]
などというダイアログ表示がでます。ログファイルが有効なときはログにも記録されます。x、y、zは以下に示す内容が入ります。詳細はお問い合わせ下さい。
x:エラーが起こった処理内容
y:処理パラメータ
z:ファイルハンドル数(1 or 20 or 50 or 100)

■ エラー表示のスキップ

以下の、いずれか方法でエラーメッセージボックスを非表示にできます。
<<目次へ戻る