■ ファイルフィルタ

ファイルフィルタは、特定のファイルを除外したり、逆に特定のファイルのみ処理する機能です。現在、下記のフィルタが利用可能です。 ファイルフィルタは、コマンドラインまたはファイルリストダイアログで指定します。
ファイルリストダイアログ
メイン画面の図のボタンを押すとファイルリストが表示され、ファイルフィルタを指定できます。
ファイルリスト

「名前」「更新日時」「作成日時」「ファイルサイズ」は同時指定可能です。その場合、and条件となります。
「名前」については、一つのボックス内に | 区切りで複数のパタンを指定できます。その場合、or条件となります。
[適用]を押すと入力したフィルタ条件で処理するファイルが、下部のリストに表示されます。

[保存・読出し]によりフィルタ条件の保存・読出しができます。ffc.initと同じフォルダのffc_flt.iniに保存されるので、このiniファイルを直接編集してもOKです。

コマンドライン
コマンドライン ;exclude 、 :include 、 :time:date 、 :make:date 、 :size:sizeで指定します。 詳しくはコマンドラインオプションを参照。
コマンドラインで指定されたフィルタは、上記ファイルリストダイアログで再編集可能です。

<<目次へ戻る