氏名

TATEBAYSHI Kazuo
立林 和夫 (たてばやし かずお)


会社の生活:  
富士ゼロックス株式会社勤務 
開発管理部品質工学チーム長

血液型 
B型 

主な担当業務 
.品質工学の全社推進
2. 開発プロセス改革の推進  
3. 技術開発・製品開発での品質設計の支援 
4. 統計的データ解析の支援 

連絡先 
 富士ゼロックス株式会社開発管理部
(海老名プライム)
 
 *243-0432 神奈川県海老名市中央2−9−50  
      プライムタワー16階 
 Tel 046−235−6003 
 Fax 046−235−6934 

 SMTP MAIL: tatebayashi.kazuo@fujixerox.co.jp ( 会社 ) 
       ktate@ayu.ne.jp ( 自宅 )

 


個人生活:

家族
 水泳おばさん1人、子供1人(女フリータ)+息子(ソフト屋)+息子の嫁さん

趣味

1.音楽鑑賞(特にブルース)
ブルースのCD約1,000枚所有。インターネット・ブルースML会員

推奨ブルースサイト(ブルース銀座)
http://www.netlaputa.ne.jp/~bginza/indexj.html

インターネット・ブルース・メーリングリスト
http://www2k.biglobe.ne.jp/~nagato/

2.日本古代史(邪馬台国)研究
 邪馬台国はぜったいに九州にあった派。いま話題の三角縁神獣鏡は日本国内製であり、卑弥呼の鏡ではない(卑弥呼よりも100年以上も後)と考えている。
 いまから10年後、福岡県甘木市にあるキリンビールの工場の壁をシャベルを背負って乗り越え、穴を掘っているところを警備員に見つかり、追い掛け回され、新聞種になるというアホな男がいるとしたら、それは私でしょう。

3.読書(ブルース雑誌、パソコン雑誌、古代史、推理小説、エスピオナージ)

自宅パソコン
  Dell 2.26GHz 40GB HarddiskCATV

性格
  典型的な左脳人間、議論好き。しかし性格は大雑把。


経歴

 1948昭和23)630日 島根県松江市生まれ

 19721日富士ゼロックス(株)入社 設計部当時
   高電圧電源回路の設計

 1973年 設計部(DE−5)〜1978年 技術部当時
   信頼性試験法の研究、信頼性管理の研究  
   信頼性設計手法の研究(実験計画法の品質設計への適用など)
   サブシステム設計への実験計画法適用の支援

 1979年 技術部のNX運動事務局

 1980年 開発統括部
   開発部門のNX運動の推進(D賞対策チーム)
   開発業務へのSQC手法適用支援

 1981年 開発業務部〜1983年 海老名品質管理部
   市場品質データの解析と開発へのフィードバック

 1987年 生産統括部
   生産部門および全社品質保証体制の検討と調整
   仕入先における品質問題解決の支援

 1989年 品質技術センター
   長期品質戦略の検討、仕入先における品質問題解決の支援

 1991年 NX運動推進室、経営品質推進部
   改善活動の推進、SQC手法適用の推進と支援

 2000年 DPC商品化プロセス改革
   開発プロセスの改革推進、品質工学の推進と支援
 2002年 DPSC研究開発センター
   開発プロセスの改革推進、品質工学の推進と支援
 2004
年 開発生産統括部開発管理部
   開発プロセスの改革推進、品質工学の推進と支援


外部活動

 日科技連実験計画法セミナー講師
 品質工学フォーラム(学会)前理事
 日本品質管理学会テクノメトリクス(SQC)研究会
 通産省主導国際プロジェクトIMSメンバー
 明治大学兼任講師
 東京工業大学兼任講師

主な著書、著作

1.「入門タグチメソッド」
  日科技連出版社、2004

2.「疑問に答える実験計画法問答集」

  日本規格協会、1989年、共著

3.ビデオシリーズ「品質工学入門」全6巻
  富士ゼロックス総合教育研究所、1990年、共著

4.「富士ゼロックスの品質保証技術」
  雑誌「品質管理」1992年5月、日科技連

5.「富士ゼロックスにおけるタグチメソッドの活用」
  雑誌「品質管理」、199212月、日科技連

6.「品質工学のこれから」
  雑誌「品質管理と標準化」1993年5月、日本規格協会

7.「富士ゼロックスにおける品質工学の適用」
  雑誌「機械技術」1996年7月、日刊工業新聞社

8.集中連載講座「品質工学入門」
  雑誌「日経メカニカル」19941114日、1128日、日経BP社

9.「品質工学をどう説明するか?」
  機関誌「品質工学」Vol.No.1No.5、品質工学会


最新更新日 2004.4.18
 

AYUNET UserPage へ戻る Ktateのページに戻る