特許証

商標:ループ流式OKノズル

新冠温泉専用シャワーノズル

OKE-MB00S新冠温泉

外形図

2013年3月3日福岡県柳川で講演
 海苔養殖業者主催:ナノバブル講習会
 講演会は中島さんの司会に始まりました。
①最初に有明高専の氷室先生が講演。マイクロバブル、ナノバブルとは何
かを説明し、先生が今までに行った実験と応用事例についてパワーポイ
ントを用いて約1時間講演されました。

②その後、私はループ流式OKノズルの特徴と応用事例をパワーポイント
とブログのコピーを使って話をしました。






海苔養殖とナノ・マイクロバブル」ブログ116
   講習会の時の実演動画
 ブ ログ:108~120を見てください。

  108. 有明海柳川・ 海苔養殖とナノ・マイクロバブル(1)
    ――有明海の海苔漁師:田中さん

  118.海苔養殖とナノ・マイクロバブル(11) ――ナノ・マイクロバブルは凄い!
  ――泡無い時:760銭。泡有る時:1193

特許第5002480 ノズルを使用

海苔をミンチにする機械

福岡県柳川矢部川河口沖: 田中さんの海苔摘み風景

有明海柳川海苔摘み動画

外形図

特注80L/minノズル動画

500L/minOKノズル

講演

ループ流式マイクロ・ナノバブル発生
ノズルの特徴と応用事例
へのリンク

2008.2009びわ湖環境
ビジネスメッセに出展!


 2008年に実践タイプOKノズルの特許を
申請したので、展示にふみきった。


 2009年12月18日金曜日 
 びわ湖環境ビジネスメッセ出展の感想

     ―――マイクロバブルメジャーに―――

              (有)OKエンジニアリング

 「びわ湖環境ビジネスメッセ2009」は、長浜ドームで10月21日から3日間行われました。来場者数はのべ38,970名に達し、盛況のうちに終了しました。ブースの配置も昨年よりも見学者が見やすいものになっていました。
マイクロバブルがメジャーになりつつあるよに思います。今年のびわ湖環境ビジネスメッセでは、マイクロバブル関係を展示する4社のブースを連続して1列に配置していました。
 見学者はそれぞれの発生方法の違いを見ることができたと思います。

②当社のブースを訪問され親しく話をした方の名刺が60枚でした。洗浄・水処理関連の研究者、営業・企画者が半分以上を占めました。
昨年も水処理関連ブースでしたが、今年ほど多くは有りませんでた。 反応もいまひとつでした。
 今年の訪問者は、水処理にマイクロバブルを使用したい、計画しているとのことでした。
 また、大学の先生も4名こられました。
 マイクロバブルの応用が広がりつつあることを感ます。

③現在、マイクロバブル発生ノズルの吐出量は7L/minなので、もっと吐出量の大きいものが欲しいとの声もあり、今後の開発の参考になりました。

MB発生ノズルとポンプの相性

養殖用
   海水の浄化実験MB発生装置

使用ノズル外形図

ノズル設置ビデオ

ランチュウ飼育

冬眠から目覚めた直後

OKEMB05FJのみで  外形図

バブルシャワー動画
  OKE-MB03FJ  外形図

ブログ85

錦鯉

、シャワー圧不足を解決!

OKE-MB01FJ動画

外形図

ナノバブル (ファインバブル)

3.ナノ・マイクロバブルの効果と力 

①生物を活性化 ‐‐◍生物の成長を早める植物栽培、魚介類の養殖に利用。
                 
  微生物 の活性化で水の浄化、排水、下水処理を可能にする
                   ナノバブルが生物活性化に関与している。
②洗浄力が強い-‐‐-脱脂効果とバブル破裂時の力が洗浄力を高める。シャワーの
                 
洗浄力が高くなる。●パイプ、配管での藻の発生を押さえる。
③浮上分離と帯電
‐‐◍マイクロバブルはマイナスに帯電しておりその付着・吸着力、
                 と浮
により油等の浮上分離が可能である。また、
               
  ●液肥の濃縮効果もありそうだ。
④抵抗低減の力‐‐‐‐◍マイクロバブルは管内抵抗を低減させる。船底抵抗低減等に
                  
利用されつつある

未知のフォース ‐――◍多分野で多くの研究が行われている。面白い現象がある。
                 
例えば止血効果があるのでは?鎮痛効果はあるのでは?
                   
学習能力向上?認知症の予防?今後の研究で解明されるでしょう。

特注500L/minノズル

Profile

Products

製品

English

ループ流式OKノズル

ミニトマト潅水栽培   効果にビックリ!  九州
200L/min
ナノ・マイクロバブル発生OKノズルを使用 2013年4月~7月

<-液体流れ

価格は問合せください

Home

7L/min SUS316L


海水での動画

 2013年9月 岡山
トマトハウス100L/minOKノズル
 
潅水トマト栽培にOKノズルが採用されました。
上記のミニトマトの場合は、井戸水を直接潅水してい
ましたので配管途中に200L/minOKノズルを組み込み
ました。ワンパスでナノバブルを発生させました。

 今回は2トン貯水槽が有るので100L/minOKノズルを
使用して循環させる方法にしました。この方法は、ナノ
バブルが多量に発生するので、今まで以上の効果が期
待できそうです。9月20日から稼働しています。

実施例2.ミニトマト潅水栽培

ナノバブルを簡易的に見る為に、「緑のレーザー光」を使いました。
  水槽でナノバブルを発生させた後に、比較する為、撮影直前に汲んだ水道水が
  入ったビーカーを浮かべ、 レーザー光を照射して写真を撮りました。
   レーザー光がナノバブルをはっきりと捉えています。
   透明な水道水もナノレベルで見ると不純物が多く入っているのが分かります。
   使用したループ流式OKノズルは、OKE-MB04FJです。(撮影2013.05.24)
 

ナノバブルを簡易的に見る方法 ーー-緑のレーザー光を照射

200mL/min発生動画

特注60L/minノズル動画

 2012年9月~10月の1か月間、釣り堀で水浄化テストを行った。大きな変化があった。
①鯉の死亡が前月比28%になった。
②水が浄化され綺麗になった。
③鯉の食いがよくなった。
 
 この会社は2013年1月に100L/minノズルを2個購入。
2月に3個購入。設置して6時間で水が透明になって来た
と評価が高く、3月さらに9個追加注文があり100L/minノ
ズルを合計14個購入となりました。
 この会社は、釣り堀をチェーン展開しています。

 3月28日、東京都内にある1店舗を訪問しました。「水
が綺麗になりました。魚の食いも良いようです」と評価を
いただきました。

酸素ナノバブル数:4億8000万個/mL

20130805撮影

500mL/minノズル 動画

2.特注仕様OKノズル製作が得意

吐出量100L/minノズル

ナノ・マイクロバブル(ファインバブル)の不思議な力

2012年9月~10月 死亡率、前月比 28%に激減!
 100L/minOK
ノズルで釣り堀を浄化テスト
5.講演・原稿・資料
開発者:松永 大

   自動加圧溶解タンク
この装置で田んぼにマイクロバブルを
発生させました。

129.ブログ

特許第5002480

真実情報公開と全英知の機構で原発事故の解決と放射能対策を

ブログ93

実施例3.釣り堀の水浄化

128.ブログ

外形図

1.ループ流式OKノズル特徴
   1)ナノバブルの発生効率が高い多段階的乱流方式
   2)気体の自吸量が大
   3)流れ方向に取付!
   シンプル性!
     超小型~大型まで製作

    5)既存設備の能力アップ
死ぬ鯉が減った!

Contacts

6.ナノ・マイクロバブル応用・実施例

特注ノズルの比較
 実績:100mL~500L/min

● 特注ノズルの大きさを比較する為に写真を撮りました。100L/minMB発生ノズルでも大きいと思っていましたが、写真を見て分かるように500L/minMB発生ノズルの大きさに少し驚きです。重さ14kg。

200mL/minOKノズル動画

Welcome to Our Company

1個から購入可

購入、価格、
技術の問合
クリック

Profile

500mL/minノズル
2011年7月、500 mL/minノズルを製作。
 水圧0.15MPa時、吐出量は410mL/min。真空度は通常設定の約-0.03MPa。発生量が相対的に少ないので一定量必要とする場合は真空度を上げる必要があるようです。
 水圧0.25MPa時にノズル撹拌部の真空度が-0.09MPaに高めになるように調整。これで少しバブルの発生量は増えました。
 水圧0.18MPa時の発生状況を撮影。 ノズルから非常に細かいバブルが出ています。
現在、水圧0.15MPa時、ノズルの真空度が‐0.05MPa以上になるようにしています。

無水エタノール99.5%動画

気体自吸口

4.特注ナノ・マイクロバブルOKノズル動画・写真

外形図

外形図

外形図

外形図

7L/minノズル

60L/minノズル

100L/minノズル

500L/minノズル

マイクロバブルのことなら(有)OKエンジニアリングへ!

News

使用例

特注500L/minノズル
2013年7月、大阪のビル地下排水処理施設で稼働しています。



改良型500L/minOKノズル
2013年9月6日から、気体自吸量を増やした改良型500L/minOKノズルのモニターテストを開始。Do値: 1~2PPMが、6PPMに上昇しました。9日、岡山工場の排水処理施設を見学。Do値はその後4PPMに低下。バクテリアが増え酸素を消費していると思われます。
 微生物を繁殖させる固定用の担体を10リューベ、2時間前に入れたとのことでしたので、今後の変化が期待されます。

特許第5002480

田んぼにマイクロバブル動画

凝固剤なしで約1割のアオコを浮上

ブログ:102

釣り堀の浄化ブログ

海水での

100L/minノズル MB発生動画

新しい機構のノズルが誕生した

1個から購入可

購入、価格、
技術の問合
クリック
ブログ:102

釣り堀の浄化ブログ

このトマトは、兵庫楽農生活センターで研修中の衣笠氏が育てたトマトです。マイクロバブルの潅水を使用しました。


ループ流式マイクロバブル発生ノズルの開発

●2008年11月15日
(松永 大)

――――マイクロバブルは自然環境を回復させる――――


HOME

外形図

29.ブログ

ナノ・マイクロバブルは環境を守る!救う!

20130818撮影

製品

使用例

oke@s3.dion.ne.jp

1個から購入可

購入、価格、
技術の問合
クリック

Profile

100mL/minOKノズル動画

●2011年に書いたもの。一読ください。
  専門雑誌「環境浄化技術」(2012年1,2月合併号に掲載されました。

7.環境問題とナノ・マイクロバブル

特許第5002480号取得ブログ

外形図

特注500cc/minノズル動画

震災被災者の希望する復興を願っています

実施例1.有明海海苔養殖
60L/minOKノズル
このノズルは、2011年8月、ウエハー
 の
超超鏡面研磨用に製作したものです。

98.ブログ

外形図

●2011年に書いたもの。一読ください。
  専門雑誌「環境浄化技術」(2012年1,2月合併号に掲載。

「ループ流マイクロバブル発生新型ノズルについて」

ナノバブル:4臆8000万個/mL

日本混相流学会公演2012年8月9日
ループ流式マイクロ・ナノバブル発生
ノズルの特徴と応用事例

ピーク径:112nm 酸素ナノバブル水


●20112年8月9日~11日、日本混相流学会論文講演会が東京大学柏キャンパス
 で行われた。

   写真のテーマで、特に「ナノバブル発生装置と測定結果」をメインに発表した。
   密封式実験装置で超純水と99.9999%高純度酸素で酸素ナノバブルをつくり、
  酸素ナノバブル数:4億8000万個/mLを記録した。ピーク径は「112nm」。
   (発生から26時間後にナノサイト社のLM20で測定)

2012年7月の実験で酸素ナノバブルは
超純水の中で安定して存在することが分かった
。 

藻のパイプ内面着床を防ぐブログ

イチゴ栽培で!管内清掃?

60L/minノズル
 藻が生えない!
「マイクロバブルを入れた今年は藻の発生が極端に少なかった
とメールがありました。香川県

工場再処理水の配管に60L/minノズルが使用され配管の詰まりを解消。大阪府

●2013年8月クーリングタワー配管の洗浄用に100L/minノズルが使用されました。熊本県

●2013年9月中旬、ゴミ処理施設の排水溝管に付着したCaを除去するモニター実験を開始します。

OKE実験動画


100.ブログ

129.ブログ

家庭水浄化養殖植物栽培洗浄、燃料改善、排水処理などに利用。

実験動画

OKEブログ
取扱説明書
● 実績: 60cc~ 500L/min
● 100L/minノズル
「排水処理」に利用

● 60L/minノズルは超鏡面研削に利用

500L/minノズルを受注
500mL/minノズルはj実験用として増える可能性がある!
●200L/minノズルをミニトマト潅水用に2013年3月出荷。
●100mL/minノズルを研究室に納品。2013年5月。
●200mL/minノズルを研究に納品。2013年5月。
●300L/minノズルを洗浄機メーカーに納品。2013年7月。
●60mL/minOKノズルを2013年11月納品。
●400L/minOKノズルを排水処理用で3個、2013年12月17日納品。

活イカ水槽
  動画

ナノ・マイクロバブルと

OKノズルを設置
休暇村 竹野海岸

噴射0.16秒後

実験用発生装置

80L/minOKノズル
● 空気を少量自吸させてマイクロバブル発生状況をビデオ撮影。
 
加圧溶解タンクは使用していない。
 
撮影時の水圧は0.08MPa。
 
撹拌部の真空度は-0.046MPa。
 これくらいの水圧でもビデオのように白濁しました。これは真空度が高いこと、60L水槽に対し吐出量か多いからです。
 吐出量60~150L/minOKノズルは、潅水栽培、水の浄化、排水処理、配管・パイプ等の洗浄に使用されています

ジャグジー動画

マイクロバブル発生テストビデオ

加圧溶解タンク使用

oke@s3.dion.ne.jp

問合せ