ネットで副業・副収入!ご訪問有難うございます。ネット収入!自宅在宅収入生活です。ここでは、FX(外国為替証拠金取引)でお金を稼ぐ方法を初心者でもわかるように基礎から解説しています。まずはお小遣い稼ぎから始めて、ゆくゆくはお金持ちになりたいですよね。
無料 ポイント

ネット収入 > 初心者のFX

初心者のFX(外国為替証拠金取引)

FXとは何か
最近流行っている投資と言えばFX(外国為替証拠金取引)に勝るものはないでしょう。FXは1998年に「外為法」が改正され、それまで銀行が独占してきた外国為替業務が自由化されたことで個人投資家が参加できるようになり、瞬く間に人気となった金融取り引きです。

FXでは日本円も含めて様々な国の通貨を交換することで利益を出します。通貨を売ったり買ったりするだけなので仕組みはとっても簡単。初心者にも取り組みやすいのではないでしょうか。そして、なんといっても最大の特徴は、用意した資金の25倍までのお取り引きができることです。少ない資金で大きなお金を動かすことができるのです。取り引きコストが低く投資効率が高いので人気になっています。

FXがどれくらい魅力的かというと、こんな事件があります。2007年、世田谷区の主婦がFXで約1億4000万円を脱税し、所得税法違反で東京地検に告発されました。2005年までの約3年間で約4億円の所得があったあそうです。この報道は全国の個人投資家に衝撃を与えたのではないでしょうか。儲けている個人投資家がどこかにいることは噂ではよく聞きますが、まさか何の変哲もない主婦がFXで儲けているなんて... こんな事実を突きつけられたら、次こそは自分もと思われる方も多いのではないでしょうか。

外国為替
さて、そもそも外国為替証拠金取引とは一体なんでしょうか?「証拠金」はともかく、外国為替取引なら簡単に理解できるでしょう。外国為替取引というのは異なる国の通貨を交換する取り引きのことです。日本円を米ドルに交換したり、米ドルを日本円に交換したりします。勿論、米ドルだけでなく豪ドルやユーロ、ポンド、スイスフランなど世界中の通貨同士を交換することができます。つまり、通貨を商品のように買ったり売ったりすることで利益が得られるのです。FXを始めるにはこの「外国為替」について理解する必要があります。

外国為替では、異なる2つの通貨を交換します。例えば、日本の通貨「円」と米国の通貨「ドル」を交換する場合、1ドル=100円というように交換比率が決められます。この交換比率を「為替レート」と言います。通貨を交換する際には、日々変動する為替レートで交換が行われます。

身近なところでは海外旅行へ行くときの両替を思い浮かべればわかりやすいでしょう。日本からアメリカへ海外旅行する時に、10万円を両替すれば1000ドルが手に入ります。逆にアメリカから日本へ帰国したときに、手元に余った1000ドルを両替すると10万円に交換してもらえます。もちろんこれは、1ドル=100円の場合です。為替レートは常時変動していますから、実際の両替では手元に帰ってくる金額も違ってきます。

円高・円安
新聞やテレビのニュースなどを見ていると「円高」「円安」という言葉をよく耳にします。この「円高」「円安」が外国為替では重要です。「円高」は円の価値が上がったことを意味しています。逆に「円安」は円の価値が下がったことを意味しています。これはどういう事かというと、例えば、アメリカ産の1個1ドルのリンゴを買うのに、為替レート1ドル=95円の時は95円でリンゴが買えます。ところが、為替レート1ドル=105円の時は105円払わないと買えません。前者の方がお得なことは言うまでもありませんが、同じ物を少ない金額で買えるということはお金の価値が高いということです。つまり、前者が「円高」、後者が「円安」ということになります。

外国為替では、この「円高」「円安」を利用して儲けることになります。例えば、為替レート1ドル=105円の時に1万ドル買ったとします。このとき日本円で105万円使ったことになります。その後、為替レートが変動し1ドル=115円になったとします。このタイミングで持っていたドルを全て売ると115万円が手に入ったことになります。つまり・・・

115万円 − 105万円 = 10万円

で 10万円 儲けたことになります。

FXではこのように、為替レートの変動を利用して利益を出すのです。

証拠金とレバレッジ
外国為替の取り引きでは「差金決済」が行われています。差金決済というのは、実際に取り引きした金額をやりとりするのではなく、取り引きで生じた差額だけをやりとりします。先ほどの円高・円安の解説では105万円を使い115万円を得ることで10万円の儲けになると説明しました。逆に、為替レートが1ドル=95円になった時に決済すると、95万円ですから10万円損することになります。実際に取り引きするお金は100万円前後ですが、手元で増えたり減ったりするのは10万円程度です。この10万円だけを決済しようというのが差金決済です。

FXを始めるには取引業者に口座開設して、10万円程度の資金を担保として預けます。この預けた資金を「証拠金」と呼んでいます。FXの取り引きは差金決済なので、証拠金の何倍ものお金を取り引きすることが可能になります。このように証拠金を預けてその何倍ものお金を取り引きするのが外国為替証拠金取引なのです。

FXでは証拠金の何倍もの取り引きができることを「レバレッジ」と呼んでいます。例えば、10万円の証拠金で100万円の取り引きが可能であれば「レバレッジ10倍」ということです。どれくらいのレバレッジが可能かは取引業者によって違いますが、おおよそ10倍〜25倍の取り引きが可能です。また、証拠金の金額によっても違ってきます。


−FX−コンテンツ内メニュー



無料 ポイント

当ホームページ掲載の記事、画像等の無断掲載を禁止いたします。

Copyright(C) since 2004 ネット収入!自宅在宅収入生活 管理人 ぶんちゃん All Rights Reserved.