顧客

弊社のお客様は、幸せなことに、北海道から九州まで広い地域にいらっしゃいます。しかも長い間お引き立ていただいていることは、嬉しい限りです。
そのなかでも、地元八王子と、お隣の山梨県東部地域のお客様が弊社を育て支えてくれたお客様です。


八王子産地

八王子とその周辺の多摩地域は、遠い昔より、織物の産地でした。八王子市内を浅川と呼ばれる川が西から東に流れて多摩川に合流していますが、この浅川は、かっては「麻川」であり、この流域で麻(苧麻)が栽培されて麻布が織られていたと伝えられています。その麻布が、やがて養蚕の発達と供に絹織物に代わり、江戸時代には大市場江戸に織物を供給する産地として成長したようです。
更に幕末に日本が開国し、横浜の港が開かれると、八王子は横浜から積み出される輸出用の生糸の集散地として発展をとげ、絹織物もこれと平行して成長しました。八王子を取り巻く多摩の丘陵地帯は水田には不向きで、換金作物として養蚕業が適していたことが、生糸・絹織物の発展の背景であったと思われます。
主に実用呉服を得意としていた八王子産地は、日本人の服装の変化に合わせるように昭和40年代をピークにしてずっと小さくなりました。弊社のある界隈はかっては繊維関係の会社が軒を連ねていましたが、今では弊社のみとなってしまいました。
八王子産地は現在和装用の生産は少なく、ネクタイ・マフラー・スカーフ・服地などが主体となっています。
長い歴史に裏打ちされた伝統的な技法を使った八王子独特の織物は「多摩織」と呼ばれ、伝統工芸品の指定を受けています。


山梨産地

八王子から甲州街道を西に向かうと山梨県です。山梨県の東部,大月・都留・西桂・富士吉田の一帯は、地元八王子とならぶ弊社の重要なお客様がいらっしゃる山梨織物産地です。富士山を間近に望み自然に恵まれたこの地域は、遠い昔、秦の始皇帝の時代に、不老不死の仙薬を求めて中国からやって来た徐福によって織物の技術が伝えられた、という伝説があるほど、長い伝統を持っています。時代を下って江戸時代には、
ここで作られた織物は甲斐絹(かいき)あるいは郡内織と呼ばれ江戸で大変人気があったそうです。
現在では、日本を代表する産地の一つとして、布団地やインテリア用・ネクタイ・マフラー・服地・洋傘と大変多様な織物が作られています。

                                                            トップページに戻る