お笑いゴールデンバトルに戻る

第329回の結果


◎結果早見表

今回の順位 投稿者 勝敗 今回のポイント 合計ポイント 勝率
1位 Ryu-G WIN 10P 18P 2/5
2位 ゴーハル WIN 9P 85P 9/14
3位 翡翠煉 WIN 8P 80P 8/14
4位 コバルトブルドック LOSE 0P 75P 8/14
5位  花鳥風月  LOSE  0P  39P  4/14 


◎お題

 正黄:(モグモグ)いやぁ〜ここのレストランのステーキは最高に美味いなぁ・・・
 金森:いや美味いのはいいんだけどさ、お前ステーキ1つ食べるのに随分時間かかってんだなぁ・・・
 正黄:ああ、なんせ50回は噛んでるからな。
 金森:50回!? うわっそんなにか!?
 正黄:食べ物はきちんとよく噛まないといけない。お前みたいに丸のみしてちゃダメなんだよ。
 金森:なるほどな。お前の言う事も正しいかもしれない・・・。
     でも俺だって、食事以外だけど念入りに何回もやっている事があるんだからな。
 正黄:ほう、聞かせてもらおうじゃないか。それはどんな事だよ?
 金森:○○○○○
 正黄:○○○○○


◎ネタ(緑色は管理人からのコメント)

 花鳥風月(LOSE
  金森:成人式参加
  正黄:お前は安西ひろこか


  うーん、彼女の成人式の件ってそんなに有名なのでしょうか・・・。残念ながら知りませんでした。


 コバルトブルドック(LOSE
  金森:でも、なかなか見つからないんだ。数で言うとお前が食べ物の噛む回数の丁度5分の1の10個しかないんだ。
  正黄:え?それはなんだ?わからないな。
  金森:ゴールデン賞を獲得したネタの数。今までどれくらいあるのか数えたこと無かったけど、改めて数えたら10個あったんだ。
  正黄:全く気にしたことねぇよ!でも、それだけ獲得するのが難しいって事なんだろうな。じゃあ、11人目目指そうぜ!!


  何をやっているかを、読めば分かりますがしっかり言うことが大事でした。あと、数えなくても「出場者たち」で分かる点も引っ掛かりました。


 翡翠煉(WIN
  金森:ゴールデンバトルの投稿だ!
  正黄:・・・念のために聞くが、毎回投稿するって意味だよな?
  金森:まさか! 1回のお題で、10回、20回と思いついたネタを投稿してるんだ
  正黄:迷惑だ! 投稿はできる限り『これぞ!』っていうネタ一つだけにしろ!


  毎回投稿するのは念入りにやる事とは少し違う気もしますが、後半に力がありました。再投稿は何度でもOKですが、それはやり過ぎなので・・・


 ゴーハル(WIN
  金森:書いた文章は必ず、チェックをするんだよ。
  正黄:ほう、これは大事なことだよな。
  金森:そうだろ、ゴルバトでも誤字や誤変換などは大きなマイナスになるからな、まあ、フォームだとチェックは楽なんだが、
      実際に紙に書くと、読めないんだよ、ミミズがはったような字だからな。
  正黄:おい、それなら、書いた分をチェックするより、文字を解読するほうが、時間かかるじゃないか!
      チェック楽なように、最初からていねいに書けよ!

  文字を解読する方に時間を取られる、それがこのネタ全体の中心点ですね。面白さをしっかり出せていて良かったです

 Ryu-G(WIN
  金森:それはな、待受の家族の写真を何回も見ることだ!
  正黄:うわっ、気持ち悪いな! そんなことしてるのか!?
  金森:だって、最近日に日に顔と名前が一致しなくなってきて…
  正黄:認知症!? …ってこのネタ第327回で聞いたことあるぞ! ふざけるな! 二度と認知症ネタ使うな!!

  今回の中で一番爆発力がありました。しかも一度出したネタを利用して1位を取る、これはなかなか出来る事ではありません。見事でした。
 


◎おまけ

 Ryu-Gさんが1位を獲得。初めてのトップ合格を、初登場したこの第22期で果たせました。

 あと今回は、投稿者5人でしたが、何とその中の4人がこのゴールデンバトルを絡めたネタで挑んできました。全体の80パーセントが

 ゴールデンバトル絡みのネタという、実に珍しい回になりました。勝敗の方は、前回の第328回とはまったく逆。前回敗れた人は勝って、

 逆に勝った人は今回は敗れました。

 さて、今期も残すところあと1回になりました。3部門の戦いも本当に目が離せない状態で、合計ポイント、規定勝率と、誰がキングを

 獲得するかまったくもって分かりません。またトップ合格回数の方も、キングになる可能性のある人は4人もいますが、まだ誰1人として

 確定はしておらず、こちらも誰が制するのかまったく分かりません。果たしてどうなるのでしょうか・・・。

 ではあとラスト1回、色んな思いもあるとは思いますが、とにかく精一杯のネタを考えて締めくくるようにしましょう。


お笑いゴールデンバトルに戻る