癒し系アコースティックユニット、アンプラグド

ぽう 2007.4.13 中目黒楽屋  春な時間 ぽう&SUCO 

ライブレポート 2007/4/13>>2006/7/28>>2006/4/19>> 2006/3/15>> 2006/2/22>> 2005/8/3>> 2005/4/12>>

”ぽう”トップページ
”ぽう”メンバー紹介
”ぽう”CDリリース情報
”ぽう”スケジュール
”ぽう”掲示板
”ぽう”リンク
”ぽう”お問合せフォーム

今回は、以前ぽうにも参加してもらったシンガーソングライター開田敬子さんのバンドSUCOと1ステージずつのライブ。
「ぽう」も少しずつ空気の変化をとギターリスト愛川聡とパーカッションニスト沢木浩作
を迎え、爽やかな雰囲気。
愛川君は20代とは思えない貫禄で、楽しいキャラ。3月リリースしたCDからオリジナル「APERITIVO」を披露。
お馴染み、篠笛の朱鷺たたらさんはオリジナル「コードコヤー」を沢木君とデュオで、「夕夏里」はねこアレンジで。
沢木君は自作のタイコを「森の火祭り」で披露。牛の皮で作った、、生々しいタイコ。
久々登場のベース牧島さん。
やはり大番頭がいると、リズムも安心感があるな、と思った。
ねこ作「桜」、その桜の下には死体がありそう、との感想で意外にうれしかったな。
SUCOはとてもよかった。
泣けてきそうな歌もあり、和服の敬子さん、すてき。
「ぽう」のお客様達も喜んでいたので、対バンドのかいがあったな、と。
満席のお客様達には感謝です

 
Copyright(C)PAW music All Right Reserved.