癒し系アコースティックユニット、アンプラグド

ぽう 2006.7.28 中目黒楽屋  ぽう&音戯屋ジョイント第2弾 

ライブレポート 2007/4/13>>2006/7/28>>2006/4/19>> 2006/3/15>> 2006/2/22>> 2005/8/3>> 2005/4/12>>

”ぽう”トップページ
”ぽう”メンバー紹介
”ぽう”CDリリース情報
”ぽう”スケジュール
”ぽう”掲示板
”ぽう”リンク
”ぽう”お問合せフォーム

根っこが同じところにある2バンドライブ。予想以上の超満員で、心苦しくも入れなかったお客様も数組あり、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
1stステージは音戯屋。実はボーカルのTOKIさん、体調が悪かったそうですが、そんなことは感じさせないエネルギーとステージングの上手さで楽しい1時間でした。結束の強さが伝わるいいバンドだ。2ndステージはぽう。今回初めて篠笛の朱鷺たたらとオーボエの広多智香がコラボ。「海賊船が行く〜宝島へ」では2人が4小節ずつのアドリブ合戦。古典楽器とクラシック楽器というイメージとはうらはらに、自由なアドリブを展開する頼もしい2人。
今回ゲストで出てもらったパーカッションの松園巧君は音戯屋のメンバーであり、2バンドがんばってくれました。彼は電子工学出身にも関わらず、アコースティック大好きな将来有望なたたき屋だ。精神性を重んじる貴重なパーカッショニストだと思う。たたらさんのオリジナル2曲と小笠原の曲7曲。最後の「お月見の晩に」は音戯屋の皆さんも加わってにぎやかに楽しかった。いつもはピアノが弾いてる最初の部分をピアニカ佐川文絵さんにやってもらった。ベースは児玉憲二郎君。TOKIさんはマンドリン。エレクトリックベースが入るとグルーブ感が違う、と実感。
次回からはやはりベースが必要かなと思った。皆でユニゾンって楽しい!最後になりましたが、ギター&ボイスはお馴染み吉原寛治。彼は楽屋のご近所さん。

 
Copyright(C)PAW music All Right Reserved.