動物取扱業登録改正動物愛護法のページ

ハッキリいって、「フットワーク」が違います!

行政書士松本将平事務所ホーム

ご依頼・ご相談はこちらまで

登録申請は、図面等多数の書類を添付しなければなりません。
それでなくても本業でお忙しい業者さまに代わって、身近な街の代理人・
行政書士が申請を代行いたします。
お気軽にご相談ください。

平成18年6月1日より、改正動物愛護法が施行されました。
この改正により、動物取扱業を営んでいる方・これから始める方は、従来の
「届出」制から「登録」制に切り替わります。


届出済みの業者も登録申請が必要

すでに「届出」済みで動物取扱業を営んでいる業者も、今回の改正にあたり、平成18年6月1日より平成19年5月31日の間に新制度による登録に切り替えを行う必要があります。(下記詳細)
今後(H18.6.1以降)動物取扱業を営もうをする方は、新制度に基づく登録を行う必要があります。

登録の対象とする業種が増えました

新たにインターネットによる通信販売業者等今まで動物取扱業の対象とならなかった業者も登録が必要となります。(下記詳細)

動物取扱業登録制度が変わります

動物取扱責任者制度の導入

従来の「動物取扱主任者」制度に変わり「動物取扱責任者」制度へ変更されました。19年5月31日までの登録猶予期間の間に、半年以上の実務経験を積んで、申請を行わなければなりません。(学歴や試験合格がない場合、下記詳細参照)

改正のポイント

@従来は「動物取扱業」の対象とされていなかった形態の業についても、今後は登録が必要になります。

種別 業の内容 該当する業者の一例
販売 動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業(その取次ぎ又は代理を含む) 小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、露天等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者、美容業者(動物を預かる場合)、ペットのシッター
貸出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり訓練を行う業 動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示 動物を見せる業(動物とのふれあいの提供を含む) 動物園、水族館、動物ふれあいパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)
赤字:今回の法改正により新たに規制対象となった業者(東京都の例)
A現在、届出済みの動物取扱業者も新たに登録が必要となります。平成18年6月1日から平成19年5月31日までの1年間に新制度による登録が必要です。

B登録は5年ごとに更新しなければなりません。

C動物取扱責任者の選任
過去1年以内に「動物取扱責任者研修」の課程を修了した者を、「動物取扱責任者」として事業所ごとに1名以上、常勤でかつ専属で選任しなければなりません。(業者自らでももちろん可)
動物取扱責任者は年に1回以上研修を受講しなければなりません。
「動物取扱責任者」の要件
イ.営もうとする動物取扱業の種別ごとに半年間以上実務経験があること
ロ.営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること
ハ.公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。
  つまりは、イ.実務経験か、ロ.学歴か、ハ.試験合格、のいずれか

ご依頼・ご相談

登録が必要な動物の対象範囲

哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物。
ただし、畜産農業に係る動物及び実験等に利用されることを目的に飼養又は繁殖・生産される動物を除きます。

登録の対象とならないもの

1.畜産農業にかかる動物や実験動物のみを取り扱っている業者
2.保管や訓練を業として行っているとはいえないもの
  例.動物検疫所、警察が所有する警察犬訓練施設、獣医師法第3条の届出を行った動物診療所

手数料はいくら?

登録は事業所ごと、および業種(販売、保管、貸出、訓練、展示)ごとに1件づつ登録が必要です。
一業種につき15,000円です。なお複数業種を同時に登録申請される場合は、一業種増えるごとに7,500円必要となります。

登録が完了すると..
登録が完了すると、動物取扱登録証が交付されます。営業所の目立つ、見やすい場所に掲示しましょう。
その後、動物取扱業を営む上で守らなければならない責務が定められています。
1)基準遵守の義務
  @動物の健康音日安全の保持、A動物による危害防止並びにB施設周辺の良好な生活環境の維持のため、施設の構造、その取り扱う動物の管理の方法等に関して規則で定める基準を遵守しなければなりません。
これら3つの視点から施設の構造設備と管理方法について定められています。特に動物の健康管理、人と動物との共通感染症への配慮、騒音や臭気など近隣への影響については細心の注意を払い、適切な運営を行わなければなりません。
2)動物取扱業者の責務
  動物取扱業者は、購入者、借受人、飼主等に対し、当該動物の適正な飼養の方法について必要な説明を行い、理解させるよう務めなければなりません。

神奈川県動物保護センター

ハッキリいって、「フットワーク」が違います!

行政書士松本将平事務所

Copyright(C)2005-2006 Shohei Matsumoto All Right Reserved