古物商免許のページ

Copyright(C)2005-2006 Shohei Matsumoto All Right Reserved

             
古物商とは?
古物の種類
許可の要件
許可の申請

 

 古物商とは、古物を自ら又は他人の委託を受けて売買・交換する営業のことで、盗品の混入を防止するため、警察署(公安委員会)の許可が必要をされています。
 フリーマーケットやインターネットオークションは、自宅用に購入したものを非営利目的で販売する場合は許可不要ですが、仕入れ・販売の商業行為を営利目的で行う場合には、許可が必要となります。
 「古物」とは、
@一度使用された品物

A使用されていない物品で使用のために取引されたもの
Bこれらの物品に幾分の手入れをしたもの

をいい、次の13品目に分類されます。
美術品類 衣類 時計・宝飾
自動車 自動二輪車・原動機付自転車 自転車類
写真機類 事務機器類 機械工具類
道具類 皮革・ゴム製品類 書籍
金券類 以上13品目
 以下の項目に該当する場合は、許可を受けられません。
@ 成年被後見人、被保佐人、または破産者で復権を得ない者
A 禁錮以上の刑、または特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
B 住居の定まらない者
C 古物営業の許可を取消されてから、5年を経過しない者
D 営業に関して成年と同一の能力を有しない未成年者
E 法人の役員、法定代理人が上記の@〜Cまでに掲げる事項に該当するとき
1.申請手数料 ¥19,000
  
別途行政書士事務所への費用が必要となります

2.必要書類
@ 最近5年間の略歴が記載された書面及び住民票の写し
A 欠格事由に該当しないことを誓約する書面
B 成年被後見人または被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書及び市町村長の証明書
C 未成年で古物営業を営むことに関し、法定代理人の許可を受けている者にあっては、その法定代理人の氏名及び住所を記載した書面
D 法人にあっては定款及び登記簿の謄本(以上の書類は役員全員のもの)
E 管理者についての略歴書、誓約書、被後見人又は被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書及び市町村長の証明書


2005.10 独立開業
15年間のサラリーマン生活にピリオド、無数の反対者とわずかな応援者に励まされ、背水の陣で独立開業。
会社組織で揉まれた経験を持つ数少ない行政書士です。

S40神奈川県藤沢市生まれ
S59県立鎌倉高校卒
H2 早稲田大学教育学部卒
その後、準大手ゼネコン15年勤務、2005.9に退職、現在に至る


古物商免許の概略説明

古物商免許の徹底サポート

無料相談受付中!

無料相談受付中!

ハッキリいって、「フットワーク」が違います!

行政書士松本将平事務所
行政書士松本将平事務所

ハッキリいって、「フットワーク」が違います!

TEL 9:00-20:00 MAIL 24時間受付
TEL 046(853)0324