MSX通信

序文

 私にとって98とは神聖なる数字である。PC98、かつてパソコンと言えばこの名だった・・・
 だが最も神聖なのはMSXである。もしWinMSXなんて名前にされた日には、Win98なんて
さっさと買いかえるのに、こんちくしょー。
 まあそれはそれとして702NKにてMSXが動くので、インストについての簡単な説明、および
動作したゲームの簡単な説明など行う。
 
 なおこのページに書かれたことを実行する場合、ウィルスの感染・携帯本体やメモリー
カードの破損などの危険性があり、また訴えられてみたりと問題が起こりうる可能性があ
りますが、全て自己責任で行って下さい。
 損害などに対する苦情・補償への対応は一切行いません、私は知りません。

 ああ、それと管理人ここまでMSX愛を語りながら1チップMSXを買ってませんよ?


vSUN、裏技は 第666話外伝「勝利の太陽」 へ





用意する物

・V702NKかV702NKU
  まあ本体がないとなぁー。ちなみにDocomoから似たような携帯が出ていますが、こちらは
 勝手にアプリをインストが出来ないようになっているので無理。

・fmsxs60_110b.sis 及び fmsx_romtools_110.zip
  110bに関してはバージョン情報のため変る可能性あり。

・RuMSX等
  著作権に関わるbが同梱の他機種エミュを。

・HalWin等
  拡張子.sisを展開できる物

・rom
  がんばって用意して下さい。あげたら違法なので私はあげません。
  アリスソフトの古いゲーム(18禁)はフリーで配布されているので簡単に入手できます。



インストの簡易説明

 fmsx_romtools_110をまず解凍してください。
 その中にあるgzip.exeにbios・romを投げ込みromをgzipで圧縮。

 次にメモ帳を開きfmsx_roms.pkgを投げ込みます。拡張子が.pkgなので不明ファイル扱いです
が、ただのコマンドプロントのようです。
 んでMSX本体からbiosを抜き出し、gzip圧縮。romと同じ場所に移動。RuMSX等、一部のWin
上で動作するMSXエミュではbiosなどが同梱されているが・・・
 
 「msx.rom.gz" -"!:\system\apps\fmsx\rom\msx.rom.gz」
 これがMSX1のbiosをインスト化するための文なので、圧縮したやつの名前がmsx.rom.gzにな
っていないなら改名。同じようにMSX2・MSX2+も改名。計5個あればOK。

 「"cbios.rom.gz" -"!:\system\apps\fmsx\rom\msx.rom.gz"」
 これについては英字のWebページからダウンできる。独自開発のbiosかなにからしいが英語
はメンドーなのでよくわからん。
 なくてもOKなので消去するなり頭に ; をつけるなりで。おそらく ; を頭につけることで、そ
の文章のプログラミングを実行しない注釈文にすると思われるので、以降 ; の使用を推奨。

 んでその少し下にある似たような文章、これもbiosと同じように処理。
 ただしここらへんはあった方がいいけど無くても起動可能、その場合は ; など。まあDiskが
ないとさすがに幅が狭まる。

 最後に一番下の方にあるのがrom用。デフォルトではメタルギアなどの名前があるので動作
させるromに名前を変更(緑の部分)。
"MSXFAN~2.DSK.gz" -"!:\system\apps\fmsx\data\MSXFAN~2.DSK.gz"

 これらが終わってからfmsx_roms.batを実行するとfmsx_roms.SISが完成。完成しなかったらな
にか間違ってます。

 2つのsisを同じ場所に移動・展開。HalWinなら投げ込むだけで大丈夫です。

 さて、データの携帯へ移動ですが、私のPCは前述の通りWin98なので直接本体に送ること
が出来ません。なのでメモリーに移動するのですが、まずsystemフォルダは隠しファイルになっ
ています。また移動のさいに「上書きしますか」と聞かれたら、安易に上書きはしないで下さい
 apps、installフォルダを開いて移動する方が無難です。

これで本体のゲーム等から起動できます。


発展


 一見メンドーですが、上記のは基本構成を作るためのもので、以降は同じコトをする必要は
ありません。
 biosはromフォルダ、ゲームのromはdataフォルダに格納されています。
 bios関連はともかくゲームはsis展開しなくてもdataフォルダに移動するだけでもいいことを覚
えておいて下さい。

 702NKと違いNokia6630では.sisから直接本体にインストできます。
 PCのWindows上で.exeはアプリケーションの実行の場合と、圧縮ファイルの自己解凍とが
あります。これがモバイルのWindowsだと.exeは実行のみ、自己解凍は.cabになり、シンビアン
では.cabではなく.sisiが自己解凍だからです。
 6630のユーザーは sisデータをPCで作成→データを携帯に移動→インスト
 ですが702Nは sisデータをPCで作成→PCでsisを展開→展開後に出来たデータを移動
 sisを作成する正規のインストはあくまでNokia6630を対象にしたものだと思います



ゲーム中の設定

 何分キーボードに比べてボタンが少ないです、画面が小さいです。ゲーム中に不都合があっ
た場合、通話ボタンを押すことで設定画面に入ります。
 またここで設定だけでなく、Diskの交換、本体機能で途中save・loadが行えます。
 ただしここでのsavedataは常にstate(拡張子無し)の名前で行われるので、ゲームを代えて
も前のゲームのデータに新しいゲームのデータが上書きされます。
 複数のstateデータを管理したい場合、FExplorerなどで改名・移動すれば大丈夫です。



小さな話とプレビューで書いた事のまとめ

 Enterキーではない、retarnキーだ。

 ・・・・・・まあ本当にミニマムな話は放っておいて、MSXは大変御立派なPCです。
 ROMのみのコンシューマー機と違い、フロッピーディスクの交換がちと面倒になります。
 ティルナノーグを例にとると、MSXの起動、Disk1を読み込み、ゲームロード、Disk2に交換、
ゲームスタートになります。
 ですがゲーム時のロード画面中に本体機能のセーブを行っておけば、次回の起動はDisk2で
行い、即本体メニューを呼出してロード、ゲームでのロードを行えば多少楽です。
 まあstateに依存したセーブを行うならどうでもいいですが、stateloadしたらゲームが止まった
ことが数回あったので私はやりません。

 起動後にBASIC画面へ移行するゲームに関しては「Autorundisk」で.BASファイルを指定する
ことで起動できる場合があると判明。最初からAUTOEXECが無いのもあった。

 ゲーム中に指定されたDISKに交換したにも関わらずDISKを交換してくださいと言われる 
場合はfMSXに存在しないDISKドライブBに入れなければいけない場合がある。
 実機かWindowsのエミュで確認を。

 ゲームが起動し遊べる場合でも、画像によってはちゃんと表示されない(ルーンマスター1のE
D、SDスナッチャーでランチャーを使用した時など)、最悪そこで止まる(ぎゅわんぶらあ自己
中心派2など)可能性もある。




プレビュー
 以降に関しては各自の設定により誤差があり、動作保証にはなりません。
 逆に動かないとしたものが動く場合もあります。現状でMSX2+とDOS2の動作に不信感があ
るのに加え、メモリーカード上では駄目でも本体に移すと動く場合があるからです。



 ・ティル ナ ノーグ
 動いた。うごくんだけどー、SAVE出来ない?
 いやね本体機能でのSAVEはできるんですよ。でもね、このゲームは自動作成したシナリオ
に意味があるんであって、作成したシナリオをSAVE出来ない?
 本件をティルナノーグショックと命名する・・・
 まあその後gzipで圧縮した状態が駄目だと判明。解凍状態なら大丈夫そうだ。


 ・信長の野望 全国版(MSX2のrom版)
 読めん。
 光栄(当時の社名)のゲームは字が大き目だけど線が細いので、これ以外も読めなさそう。
 昔よくやったゲームなのでゲームの開始までいったが・・・。
 目を細めればなんとなくわかるかもしれないが、「方言モード」は知らない人間に理解させるこ
とはできないだろう。
 MSX1版なら字体が違うのでゲーム可能と思われる。


 ・スーパー大戦略(rom版)
 動いたし、かろうじて読めそうだし、なんとか遊べそうです。
 でも、当時の大戦略シリーズは、絶望的にCOMの思考が長いです。
 そして後発のDisk版の方が高性能のことを思いだしてムッキー


 ・ディープダンジョン
 ディープダンジョンは遊べる。
 しかし、そんなことは問題ではない!なぜならVアプリ版の方が画面がキレイ・・・ぁぁ


 ・ファンタジー1〜4
 1と2は問題なし、3は字がきつい、4は3よりまし。
 ただ4はシステム的に説明書がないときつい。


 ・メタルギア2
 Vアプリ版も存在するが、こちらは絶望的な差がない。
 実はまだ起動をためしていないのだが、fMSXのページを見る限り起動しそう。しかし、そんな
ことは問題ではない!このシリーズを知る者には説明書とパッケージがどれだけ重要か、この
一言で推測がつくだろう。そう、アレはPS版からのことではないのだ!
 なおこのゲームのクライマックスはMSXファンなら涙をさそう。


 ・ドラクエ1・2
 あるんですよ、MSXには。しかもFF1まで。
 まあ1はうごかんかったが2は大丈夫だった。
 復活の呪文はキツイが。


 ・CHESS
 シンプル イズ ベスト、問題なし。


 ・MSXFAN    
 FM音源の機能をoffにしたら起動した。
 しかしながらコンテンツメニューの文字は表示されず。
 BASIC画面で手動でプログラムを起動すれば遊べそうだが・・・


 ・プリンセスメーカー
 なに変えたのが良かったのかわからないが起動。
 娘の声は横山智佐。
 さあ、あなたはサクラ大戦とジャンプ放送局のどちらを連想しましたか?


 ・ぷよぷよ
 ゲーム可能、ただし縦長画面の違和感が最大限発揮される。


 ・ルーンマスター1〜3
 双六もの。2は知らないが1と3が双六系なのに2は突然ADVとか言わないと思う。
 ちなみに3の正式タイトルは「ルーンマスター三国志」と大変ハイセンス。
 1は普通にエンディングまでいけたがその画面が乱れる。fMSXに特定の条件における画像
表示に問題がある可能性もありうる。
 ちなみに3は文字表示が「D」しかされなかった。


 ・ランス、DPS
 アリスソフトのフリーな18禁ゲーム
 ちゃんと動いたが心眼が無ければ字が読めない。
 いいじゃん別に、WIN版もフリー配布されているから。


 ・ラストハルマゲドン
 動いた。されど文字表示がアリスソフトのと同じ。
 必要なのは心眼ではなく愛だと覚った。


 ・ソーサリアン
 これも動いた。
 しかしWIN版の新品を500円で買ったのでどうでもいい。


 ・維新の嵐
 光栄のゲームは字が読めないのを再確認した。


 ・マスター オブ モンスターズ
 スーパー大戦略よりも無理なくゲームが出来そうな画面表示。
 しかしこのゲームを遊ぶにはfMSXに存在しないディスクドライブBを必要とする。


 ・ダンテ
 RPGツクールの源流。
 起動しましたが作りますか?


 ・イース
 Vアプリ版の方には萌が含まれています。
 こちらには・・・


 ・バランス オブ パワー
 起動、最初の画面で「マニュアル熟読しなけりゃ時間の無駄」と言われる。


 ・クリムゾン
 普通のRPG。


 ・パイパニック
 18禁を想像させるが普通のアクションパズル。
 操作が単純なので遊びやすい。
 でも麻雀の役を知らなければ遊べない。


 ・ハイドライド1〜3
 Vアプリ版がー。
 とりあえず1と3は起動。
 2は最初起動しなかったが、起動後にBASIC画面へ移行するゲームに関して「Autorundisk」
 でAUTOEXEC以外の.BASファイルを指定することで起動できる場合があると判明。


 ・SDスナッチャー
 シナリオもさることながら、ゲームシステムが大変秀逸(むしろ最近のゲームは内容が無いも
のが多いのでDSあたりにそのまま移植しても普通に売れそう・・・)。
 メタルギア・ぷよぷよなどMSX発の名作に比べ今だに移植・続編の話は聞かないが、決して
システムの問題ではないと思う。
 スナッチャーの世界観を破壊する、SDのキャラ設定がいけないのでは?




 起動しなかったやつ
 ・ロードス島戦記  DOSに問題がありそうだが?
 ・ぎゅわんぶらあ自己中心派 起動したが途中で止まった
 ・破邪の封印  失敗の記憶は封印しよう・・・



トップページ