土地の仕事
土地の測量や登記や許認可が必要になる様々なケースをご紹介します。
「境界確認」 「分筆」 「合筆」 「地積更正」 「地目変更」 「水準測量」 「真北測量」
「農用地区域場外(農振除外)」 「農地転用」 「開発許可」など
報酬額(費用)について
 分筆登記、地積更正登記につきましては、一概に報酬額を定める事が出来ません。下記に記している報酬額はご参考程度に掲載しております。お見積りはお気軽にお申し付けください。

市街化調整区域に住まいを建てたい  ⇒ 「開発許可」「農振除外」「農地転用」
 市街化調整区域(桶川市では川田谷などの地域)に住まいを建てるには、都市計画法及び 桶川市の条例と照らし合わせていくつかの条件を満たしている必要があります。その条件を満たしている人なら建築が可能となり ます。もし、畑や田を転用して建築をする場合は「農振除外」「農地転用」という許認可も必要となります。

仮換地を分割したい。 ⇒ 分筆登記 (報酬額 要相談)
 「従前地分筆」や「仮換地の指定変更」は土地家屋調査士と区画整理事務所と測量コンサルタント会社と 調整しながら手続きを進めるので意外と時間と費用が掛かります。ご相談お待ちしております。

土地の一部を売買したい。 ⇒ 分筆登記 (報酬額 25万円〜)
売買契約 ⇒ 所有権移転登記の順番ではありません。分筆登記 ⇒ 売買契約 ⇒ 所有権移転登記です。場合によっては分筆登記と売買契約の順番は逆になります。
土地の一部を農地転用するときは、分筆登記 ⇒ 農地転用 ⇒ 所有権移転登記です。

1つの土地を2つに分割して兄弟で分けたい。 ⇒ 分筆登記 (報酬額 25万円〜)
相続の場合によくあるケースです。遺産分割協議の前後に分筆登記をしましょう。

土地の面積が登記簿と一致してない。 ⇒ 地積更正登記 (報酬額 25万円〜)
登記簿の面積は明治時代の測量の値のままである場合が良くあります。あまりに面積が違うときは 土地家屋調査士に地積更正登記をご依頼ください。

土地の境界の確認は「売主の義務だ」といわれた。⇒境界確定測量(報酬額25万円〜)
原則として売主の義務です。境界がはっきりしていないと、買主はどこまでを購入したのか 分かりませんよね。売買の前に境界を売主の負担で明示するのが最近は当然のようです。後々の紛争を未然に防ぎましょう。

自宅の敷地には境界標がないみたいだ。 ⇒ 境界確定測量 (報酬額 25万円〜)
境界標が入っていなくてもすぐに問題となることはないでしょう。しかし時間が経ち代が変わっていくと思わぬときに苦労します。たとえば相続、家の建替、売買などの時です。また境界紛争を未然に防ぐためにも土地家屋調査士に相談してみてはいかがでしょうか?

お隣との境にブロックを積みたい。 ⇒ 境界確認 (報酬額 25万円〜)
境界線ははっきりしていますか?ブロックを積む前に境界を確認しておきましょう。

田や畑を農地転用して建物を建てた。 ⇒ 地目変更登記 (報酬額 4万円〜)
建築確認を受ける為に農業委員会へ農地転用許可をとりますが、その後建物が完成しましたら 忘れずに地目変更登記をしましょう。通常は建物表題登記と併せて申請します。

隣り合う2つの土地をAさんから買うことになった。この際1つにまとめてから買うことはできないだろうか?⇒ 合筆登記 (報酬額 5万円〜)
イメージとしては分筆登記の逆の手続きでしょうか。2つの土地は接続している必要があるなどいくつかの条件が揃えば合筆登記ができます。

建物を設計するのに地盤や下水道の高さを知りたい。⇒ 水準測量 (報酬額はご相談ください。)
土地家屋調査士の専門分野ではありませんが、測量士として十分対応できます。建築士の先生や工務店さんお任せください。

建物を設計するのに真北を知りたい。⇒ 真北測量 (報酬額 5万円〜)
トランシット(トータルステーション)を用いて太陽を観測いたします。天候にもよりますが、一日で計算書等を納品いたします。真北の計算ソフトは大野憲良氏にご提供いただいたプログラムを使用しています。