肺癌 lung cancer

 肺癌の発生頻度は増加しており、1998年には全体の癌死亡でも第1位となり、2000年の集計では、年間の全死亡者数約96万人のうち、悪性腫瘍による死亡者数が約30万人で、そのうち肺癌が5万4千人を占めるまでに至っている。大気汚染、喫煙、職業病との関連が重視されている。
 発生母地は、気管支粘膜上皮、気管支腺上皮、肺胞上皮などで気管支癌、肺胞上皮癌とも呼ばれる。
 組織学的にはおもに扁平上皮癌、腺癌、大細胞癌、小細胞癌の4型に分類される。   
@扁平上皮癌 squamous cell carcinoma
 大多数が男性で喫煙に関係がある。比較的大きな気管支(肺葉気管支)に頻発し、腫瘤
 を形成し、時に癌性空洞を認める。肺癌全体の約30%を占める。

A腺癌 adenocarcinoma
 区域気管支以下の抹消に単発性腫瘤として発見されることが多い。通常胸膜面の近く
 に存在し、胸膜面の陥凹がみられ血行性転移をきたしやすい。女性や非喫煙者がかか
 るのはほとんどがこの癌で肺癌全体の約半数を占める。

B大細胞癌 large cell carcinoma
 未分化な癌のうち、癌細胞が大型のもので肺癌全体の約5%を占める。肺野で、肺嚢
 胞や肺気腫、肺線維症などを背景として発生する場合が多い。
 
C小細胞癌 small cell carcinoma
 未分化な癌のうち、癌細胞が小型のもので肺癌全体の約15%を占める。
 増殖速度が速く、転移する傾向が強い。

 治療方針の違いにより、小細胞肺癌とそれ以外の非小細胞肺癌(扁平上皮癌、腺癌、
 大細胞癌)とに分けて扱うこともある。
 
症状
 血痰、咳嗽、痰などであるが、腫瘍発生部位により異なり、中枢発生のものは症状が
 出やすく、末梢発生のものは無症状が多い。
野口分類
 20mm以下の小型肺腺癌の光学顕微鏡的病理形態を6型に分類したもの。この分類の特徴は予後の相関があったこと。特に、死なない肺腺癌の病理像(A、B型)を明らかにしたことが挙げられる。

     A型:限局性気管支肺胞上皮癌(LBAC)
     B型:肺胞構造虚脱部分を伴うLBAC
     C型:線維増成部分を伴うLBAC
     D型:未分化癌
     E型:管状腺癌
     F型:肺胞破壊性に進展する乳頭状腺癌
                                        画像診断2003.5より引用 
呼吸器科   放射線科    
症例
当院のルーティン胸部CTは、スライス厚7mm インターバル7mmで再構成表示しています。
図1の矢印のところRt S3aに、15mm大のすりガラス陰影(ground glass opacity:GGO)を認めます。
図2は上記病変のところを2mm厚でスキャンしROI:18cmで再構成した写真(HRCT:High Resolution CT)です。サイズ、病変の境界、辺縁、胸膜陥入像、病変内部の性状等をcheckします。
VATSにてadenocarcinoma (野口-B)と確定診断されました。
図3は7mm厚のルーティンCTです。
矢印のところRt S10にGGOを認めます。
図4は2mm厚のthin sectionでスキャンしROI:5cmで再構成したHRCTです。サイズ8mmの病変が浮き上がります。これで病変の性状がcheckされます。
VATSにてadenocarcinoma (野口-A)と確定診断されました。

以上2例ですが、死なない癌、野口-A,Bを見つけるように日々努めております。
呼吸器科   放射線科