(赤壁寺)
中津市寺町
城下町の風情を感じさせる中津市の寺町。そこにあって,生々しいほどの赤色をした壁を持つ合元寺は,宇都宮(城井)氏の怨みの強さを物語っているようです。

宇都宮氏は,藤原氏の藤原北家の流れを汲み,下野国宇都宮氏の庶流ですから,名族ですね。鎌倉時代に豊前国城井谷の地頭として下向しています。

城井鎮房は,大内氏,大友氏,島津氏と巧みに主家を変えながら戦国期を生き残ります。そして豊臣秀吉による九州平定では豊臣方につき,城井谷の所領安堵は確実と思われましたが,意外にも今治12万石への所領替えを命じられます。これを拒否した鎮房は新豊前国主・黒田氏の攻撃を再三撃破します。
最後は,娘と黒田長政との婚姻・和睦を理由に中津城を訪れた際に騙まし討ちにされ,鎮房に従い合元寺を宿舎としていた家臣も全員討ち取られます。その際に白壁に付いた血飛沫が,何度塗りなおしても浮き出てくることから,ついには赤く塗ったそうです。

ちなみに,開山した空誉上人は鎮房の庶子ともいわれ,後に福岡で黒田長政に殺されたそうです。
赤壁と四脚門 赤壁と鐘楼 本堂