アジアの子供たちに学校をつくる議員の会  

教育こそが国づくりの基本であり、日本の真のすがたを理解してもらえる・・・・・・。

自民党の議員50数名でアジア各国に小学校の校舎をプレゼントする活動を展開しています。毎月1万円を積み立て、1998年12月にカンボジアに最初の校舎を寄付しました。2000年9月にはラオスに2校目となる小学校の校舎を寄付、2001年12月に3校目となる校舎をカンボジアのプレイキー村に寄付しました。援助大国の日本が国際社会で真の貢献をするためには長い時間をかけて「アジアの子供たちに日本という国を親しみと信頼を持ってもらうことが重要」との認識をもった国会議員が集まり活動を続けています。2009年3月には9校目となる校舎をタイ国チェンマイ県に完成しました。10校目「ともだち小学校」はベトナムで建設がすすめられています。

将来は日本の子供たちとの交流や各地のともだち小学校との交流を考えています。 活動の歴史→クリック

 

 ともだち小学校の場所(地図)→ クリック

2012年1月14日に11棟目となる校舎の贈呈式をミャンマーの首都ヤンゴンから110KMほど北西にあるヒンダタ市ピェンマチャウン町の第6小学校で行いました。この地域はヤンゴンからの道路事情が悪く車で3時間から4時間かかる場所で、産業は農業と漁業(川魚)だけの大変貧しい地域です。 今回の贈呈式には安倍元総理、遠藤利明議員、桜井郁三前議員、原田令嗣前議員が参加しました。

   

 

 

2011年4月29日にベトナム、ティウカン郡フートュー村の フートューC小学校(分校)の贈呈式を行いました。この学校はホーチミン市内から車で約5時間、途中フェリーで河を渡る必要があるメコンデルタに建っています。今回の贈呈式には東日本大震災の対応のため国会議員が参加せず、遠藤事務所の武田秘書が参加しました。

  その他の写真 → クリック  贈呈式の様子(動画 7分30秒 → クリック

 

2009年12月15日にタイ、チェンマイ、オムコイ村の先20KMの山岳地域に完成した9棟目の「ともだち小学校の贈呈式を行いました。贈呈式には安倍元総理、遠藤利明議員、山谷えり子議員が参列しました。

 詳しくはこちらを→クリック   贈呈式ビデオ(6分) → クリック   アジア教育友好協会(AEFA)のブログ → クリック

タイ・ ビルマ方面戦病歿者追悼之碑 にも訪問しました。 → クリック

  

 

2007年8月カンボジアコンポンチュナン県に8棟目となる「トゥナールトゥートンともだち小学校」が完成しました。

贈呈式を2008年3月に行いました。安倍元総理も参加しました。

 

2006年12月27日、カンボジア、タケオ県サムロン郡ココウ村に7棟目となる校舎「クデイトンテムともだち小学校」の贈呈式を行いました。

こちらのページもご覧ください → クリック _____式典の様子(ビデオ)はこちら → クリック 日経記事 → クリック

 マップ 

各地のともだち小学校 年譜 → クリック

 

 
No.10 ベトナムに建設(2010年完成) No.11 ミャンマーピェンマチャウン町第6小学校(2011年完成)  
No.7 クデイトンテム校(2006年12月完成) No.8 カンボジア、トゥナールトゥートン校 2007年8月完成

No.9 タイ、チェンマイ県ファイコン校2007年3月完成 →クリック

NO.4  2004.7月完成カンボジア、アンロントン(いずみ校)

NO.5 カンボジア、チェロロミエッタ(奥谷校)

NO.6 ミャンマー(ヤンゴン郊外)

NO.1カンボジア、プノンペン郊外 (ダムコー小学校)→クリック NO.2 ラオス、カムアン県、ポンサワン →クリック NO.3 カンボジア、プレイベン州、プレイキー →クリック

 

  関連記事