こまっちゃクレズマ活動歴 2002年〜

新年会ツアーで名古屋、京都、大阪、さらに土岐Bird&Diz、飯田CAMPUSへ。
大阪はおなじみHOOP広場での野外演奏。
TOKUZOでは鬼頭哲ブラスバンドがゲスト参加。
1日吉祥寺star pines cafeにて『犬が西向きゃ尾は東〜東西和風ジプシーバンドが大騒ぎ』企画主催。 大阪の Freylekh Jamboreeを招き2バンドで演奏合戦を催したのだがすこぶる好評。
集客も多く、ジプシー系音楽ファンの広まりを実感。千葉KOZOのムービー第2弾も好評。
新宿PIT INN『梅津和時プチ大仕事02』でこまっちゃクレズマ+おおた か静流。
クラシックの「ガボット」や「ホフマンの舟歌」におおたか語で歌詞をつけ梅津新アレンジを施したり、 「月がとっても青いから」にちんどん屋が登場したり、と実に多彩なステージ。
5日新宿PIT INNで「GW昼の部スペシャル」
荻窪ROOSTER初登場。
9日新生川崎club citta にて「カバレット チッタ」開催。
音楽担当に梅津和時、巻上公一。こまっちゃクレズマ他、内橋和久(g)、 坂出雅海(bass)、サム・ベネット(per)芸人さんとの初共演楽しみつつ、とりわけ 綱渡りの王輝さんの至芸には、一同驚嘆、拍手の嵐が。
「夏祭りツアー」で8/8名古屋TOKUZO、8/9静岡、8/9沼津、
8/10松本「夜店祭り」。
ドタキャンもあり大揺れのツアーだったが、松本では最高潮に。ちんど ん「ゴワス」おおたか静流(vo)、本木幸治(舞踏)も加わっての河川敷ステージは、 怪しく可笑しく、何がなんだかわからん彼岸の大騒ぎ。千と千尋かおおたかこまっちゃか。 まさに夜店祭りのツボにはまったステージであった。
この後、朝まで河原で呑み騒ぎ浮かれている一行があったとか無かったとか。

8/30.31福岡天満宮での「第3回全国ちんどん博覧会」へ。岡地曙裕(ds)。ゲストは他に大工哲弘、たま、かぼちゃ商会。
ちんどん入り乱れてのステージの他、台風15号の風雨を避けつつゲリラ 出動。関島岳郎部隊、マイムの加藤みきお乱入、などが目新しい。
続けて「残暑ざんしょ?」九州ツアー突入。
9/1博多「百年蔵」9/3佐世保「鯨瀬フェリーターミナル」
9/4山鹿「天聴の蔵」9/5熊本「ジャンゴ」9/8京都磔磔(dsに井崎能和)。
なんと通算150枚近くものCDを売り切る!何故か再び今、こまっちゃブーム? 実はこの後、こまっちゃクレズマが天使となって結びついたカップルの お祝うパーティにも駆け付け、長いツアーを終えたのであった。

余談: 移動途中のオフは、倉敷の老舗旅館、御園旅館さんのご好意で泊まらせていた だく。ひさしぶりにメンバーだけで呑みに行くために街へ出る。鼻のきく我々のこ と、さっそくいい感じのカウンターだけの一杯呑み屋に行き着き、まったり呑む。店 のつまみをほとんど食べ尽くして呆れられる。翌日は倉敷観光部隊と京都先乗り洗濯 隊に別れ、それぞれ自由時間を満喫。観光客モードで、茶店であんみつを食べたり、 寂れた商店街を散策してみたり。いい風情の街だ。いつかは倉敷!コンサートでまた 訪れたいものである。さて京都で再び前乗り六条リッチホテル、四条で旧知の友人と 待ち合わせ、おばんざいやへ。すっかり夏休みエンジョイなのである。ただ単に呑 みっぱなしという説もある。

22日再び九州場所。宮崎県は日之影へ。やっと実現、音楽祭のゲストです。やちむん他。
10 13日『森のコンサート』、
こまっちゃクレズマ成らず変則隊:梅津、多田、 張、松井プラス四家卯大での出演。この編成では曲想がかなりいつも違うことに始 まってから気付く。後半では若手学究派ちんどんバンド、チャンチキ・トルネードの 参加で賑やかに。しかし前回に参加したときよりも森が狭くなっていたのが、仕方な いとはいえ寂しい。とは言え、森の懐に抱かれて、子供もおとなも無邪気に楽しんで いる。派手さはないかわりに、無理もしない。こういうほどよい湯加減の祭りこそ、 ずっと続いて欲しいものである。
11 18日下北沢440 こまっちゃクレズマ ビグトリィの大木さんの紹介で。
終演後、通りすがりの清志郎さんが打ち上げへ合流。これ幸いと来年のプチ大 仕事への出演をお願いする。きっかけとは大概、こんなものである。

24日フェスタインビニール。『掘り出せ!青春』ゲストにほとらぴからっ。PHOTON。

某日某所にて友人の結婚パーティでライブ演奏。縁結びはこまっちゃ?これで 2002年のこまライブ締め。

<< BACK to the PRESENT GO to the PAST MORE>>